新盆

August 13 [Sun], 2017, 21:00









































テンちゃんが見てた窓からの風景。














*LINEスタンプ*


ちょっぴり増えました。よろしかったらどうぞ。 →ストアページへ



近況

April 26 [Wed], 2017, 1:03






















































マイペースでいてくれるもーちゃんのおかげもあり

なんとか元気にやってます(^-^)






つぶちゃんまで

March 17 [Fri], 2017, 18:19



昨年12月8日に大事な大事な猫のテンちゃんとお別れしたばかりなのに
今月7日につぶちゃんまで私の元から去ってしまいました。



まさかまさかこんなことになるとは。
今、本当に苦しくてつらいです。



テンちゃんはずっと病気がちだったこともあり、
いつでもなんでもテンちゃんが優先で、他の猫達は後回し。

「テンちゃんは特別」と言ってはばからず、実際私がそうしなければ
テンちゃんはここまで生きてこれなかったと病院の先生もおっしゃってくださいましたが
そうしてきたおかげで、「やり遂げた感」というのはあったのです。


あそこまでやってダメだったのだから、もう仕方ない…と、諦めがついたというか。


でも、つぶの場合はそうではないので、
そのことに余計苦しんでいます。



このことをブログに書くのもつらくて、
もうブログやめようかなぁ…とも思ったのですが、
毎日覗いてくださる方もいらして、気にしてくれてるのかな…と思いましたし、
私のした間違いを公開すれば、そういうことをしなくて済む人もいるかもしれない
と思いましたので、ブログに書くことにしました。




ことの始まりと顛末はこうでした。(まだ気持ちの整理がつかないので、
ざっくり箇条書きすることをお許しください。)



@ 2月初めころ、餌を食べる量が減ったように感じる。


A そろそろワクチンの時期なので、それとあわせて診てもらおうと病院に連れて行く。


B 左上の歯が異様に長くなっているが、まだ抜ける状態ではなく、それが痛くて
餌が食べられないのでは?また、心臓の状態がすごく悪くて、いつぽっくり逝っても
おかしくない。その心臓の原因も歯のばい菌と思われるという診断を受ける。


C 悪い歯を抜くには全身麻酔による手術が必要と言われ、
心臓のことが心配な私は手術の決心がつかず、痛み止めをもらって帰宅。


D 痛み止めでだましだましいくつもりでいたけれど、やはり限界のようで、
全く餌を食べなくなり、また病院へ。手術の決心をする。


E 2月24日全身麻酔による抜歯手術。手術は成功するも、帰宅後逃亡。


F 毎年、ワクチンの後に家出するので、多分すぐ帰ってくるのでは?と考えていたが戻らず。
保健所、市役所、警察等に届を出し、探すが見つからず。


G 2月28日、家の近くで鳴いているのを発見、保護。すぐ餌を食べると思ったのに、
全く食べず。猫用ミルクを少しだけ飲む。


H 3月1日 病院へ。血液検査。猫は絶食が続くと肝臓をやられてしまうということを初めて知る。
手術前は正常だった肝臓と腎臓の値が非常に悪く、黄疸も出てかなり危ない状態と言われる。
とにかく栄養を与えるようにと言われる。


I キドナという高カロリーの栄養食を強制給餌。ひどく嫌がられつつ与えるも
黄疸良くならず。


J 毎日病院へ行くも、良くならず。入院しても無理と言われる。
また、吐き気もあり、強制給餌はもう虐待と同じと言われる。
カテーテルも酷い吐き気があるので、つらいだけとのこと。


K 通院はもうしないことに。家で吐き気止め等の入った注射を打ち、療養。
強制給餌も中止。


L 3月7日午前8時3分 永眠。




今回のことがあるまで、絶食するということが猫にとってどんなに危険か
私は全く知りませんでした。


つぶは家出していた間の絶食により、
「肝リビドーシス(脂肪肝症候群)」というのになってしまい
それで命を落としてしまったのです。



つぶはテンちゃんと違って、病気は全然しなかったので、
病院に行くのは年に一回のワクチンの時だけでした。
元々とてもびびりな子だったので、病院が怖くて怖くて
行くと必ずキャリーにお漏らし→帰宅後家出…というのが恒例だったので、
ドアからサッと出てしまった時も、すぐ帰って来るだろうとたかをくくっていました。



私がもっと気を付けてあげてれば、ちゃんとした知識を持っていれば
助かったはずの命だと思うと、たまらない気持ちになります。


どうか猫を飼っている皆さま、
私のような間違いをなさらないように。

猫にとって絶食はとても危険なので、猫が全く食べなくなったら
なるべく早く病院に連れて行ってあげてください。



「猫 絶食」で検索するといろんな記事が出てきて参照になると思います。
私はつぶが具合が悪くなってから、散々検索して散々読ませていただきました。
本当に無知っていけないですね…。


今は毎日つぶのいないつらさと寂しさと後悔に耐えています。


いつも猫達の為になるべくいい選択をしたいと思っているのに
なかなかいいようにいかないです。







こんな私をつぶちゃんはまだ好きでいてくれるかしら?
「鬼と思われてもいい」と強制給餌をして、だいぶつらい思いをさせちゃったしな。


いつかまた会えた時に、いっぱい謝ろうと思います。




しばしのお別れ

January 29 [Sun], 2017, 14:50


また長いことブログを放置してしまって、申し訳ありません。



実は私の大事な大事な猫のテンちゃんですが
昨年12月8日の午後5時35分に天に召されました。

生前は抱っこが大嫌いなテンちゃんでしたが
最後は私の腕の中で息を引き取ってくれました。


いろんな病気をしてきたテンちゃんですが、
最後は癌でした。



泣きながら病院から帰ったあの日。

テンちゃんの右顎にしこりがあるのがわかり、
悪性の可能性が高い、もし悪性なら
多分余命3ヶ月だろうと病院の先生に言われました。


悪性かどうか判断する検査にも苦痛があるし、
もし悪性とわかったとしてもテンちゃんの年齢や体調を考えると
治療をする方が苦しいから止めた方がいいと先生から説明を受け、
私もそれに賛成だったので
あとはどれだけテンちゃんの苦痛を少なくするかを考えましょう
ということになったのですが、それはなかなか大変なことでした。


最初あくまで悪性の「可能性」だから…と思っていた私。

良性ということもあり得るとその「可能性」という言葉にすがっておりましたが
やっぱり日ごとに体調の悪くなるテンちゃんを見続け、
そうではない、やっぱりそうではないんだ…と思い知らされる日々は
本当につらかったです。


仕事もあるし、最後は看取れないかも…と思っていましたが、
いろんな人のおかげで、無事看取ることができ、
本当に感謝しています。


顎にできた癌ですので、顔が崩れていくことも覚悟して
どんな顔になっても私の可愛いテンちゃんにかわりはないと思っていましたが
可愛い顔のままで逝ってくれました。

痛みも吐き気もあったろうに、よくよく頑張ってくれて
最後は私が思っていた以上に穏やかだったと思います。
(もちろん苦しみはありましたが、もっと苦しむと思ってました)



テンちゃんが亡くなったあと、
私は酷い喪失感と虚無感に襲われてしまいました。

それは、テンちゃんが生きている間から心配してたことでもあったのですが。

何しろ私は毎日の生活のスケジュールをテンちゃんの投薬、注射、体調に合わせて組み、
今してる仕事さえも、テンちゃんの世話と看病に支障がないものを…という理由で
選んだものだったので。
そこまで入れ込んでしまってたので、もしテンちゃんがいなくなったら
私、どうなるんだろう?って、正直怖かったです。

で、結局その通りになってしまったわけですが、
私が何とか今もちゃんと働いて、寝て食べて生きていられるのは
やっぱり周りの人達のおかげだな…と思っています。



四十九日も済み、最近は何となくですが
「今まで離れてる間ずっとテンちゃんが心配だったけど、
これからはずっと一緒だから」
「テンちゃんがずっと一緒にいてくれてるだろうから
そう悪いことにはならないだろう」と思えるようになりました。



テンちゃんはあんまりベタベタしないタチだったので、
今でも家のどこかで寝てるような気がしたりもします。


体は見えなくなってしまったけど、またいつか天国で一緒に暮らせると思って
それまでしばしのお別れです。



ブログも全然更新してないのに覗いてくださる方々がいらして
もしかしたら心配してくれてるのかなぁ...と思いつつ、
つらくてどうしても今になるまで更新できませんでした。

本当に申し訳ありません。

少しずつですが落ち着いてきましたので、
またテンちゃんのことをぼちぼち描けたらな…描けるかな…?
描けたらいいな…と思っています。

もしその際は、よろしくお付き合いください。









大間違い

November 15 [Tue], 2016, 22:57























































病院の先生とよく相談して、積極的な治療はもうせず
なるべくテンちゃんが楽なように生活させてあげましょうと
自宅療養中のテンちゃんですが
なかなか食欲は戻らず、寝ず…の日々でした。



そんな中、『熱でぐったり』と『ぐっすり熟睡』を間違える痛恨のミス…。
自分が情けなかったです。


テンちゃんは平熱が低いので、38度5分でも
だいぶつらかったと思います。
幸い解熱剤で熱は下がり、
ちょっぴりですが、食欲も戻りました。


テンちゃんの体調に一喜一憂の毎日ですが
元気出して頑張ろうと思います。



ところで、猫の熱の測り方ですが、
病院では先生がお尻に体温計を差し込んで測ってます。

でも、素人は腸壁を傷つける怖れがあるので、
絶対やらないでくださいと言われました。
代わりに教わった方法は、人間と同じ「脇の下で測る」です。


そんなのイヤがって動くからぜってームリと思ってましたが
熱でぐったりしてたおかげで、ものすごく楽に測れました…(ノД`)・゜・。



こういうのを不幸中の幸いっていうのかな?






*LINEスタンプ*

私が作ったLINEスタンプです。
クリエーター名『野ばら』で販売しています。

よろしかったらご覧くださいませ。 ストアページへ







3日で治ればいいのになぁ

October 27 [Thu], 2016, 22:59


前回ブログを更新してから、まただいぶ時間が経ってしまいました。


その間に我が家で起こった出来事。
  ※注意… 暗いです。
































































悲しくて悲しくて、
その日は泣きながら病院から帰りました。



まだ覚悟はできてませんが、
それでも時間は過ぎていくので、なんとかしていくしかないなぁ…とは
思うようになりました。



そんな中、
9月30日と10月3日、そして10月24日に
また私が作ったLINEスタンプを一個ずつご購入いただくことができました。

テンちゃんにできるだけのことをしてあげるためには
やっぱりお金が必要で
しかも動物には保険が効かないので、ご購入いただけたことは
身に染みてありがたいです。


大切に大切に使わせていただきます。



先のことを考えると不安だし怖いですが、最後までちゃんとしてあげられるよう
頑張ります。




*LINEスタンプ*

私が作ったLINEスタンプです。
クリエーター名『野ばら』で販売しています。

よろしかったらご覧くださいませ。 ストアページへ








手術

September 25 [Sun], 2016, 23:53












































実は8月の終わり頃、テンちゃんが手術を受けました。

(※テンちゃん=我が家の猫。病気もち)



肉球の間にイボ(←”腫瘍”と言ってしまうと、
その言葉の深刻さに心が折れそうになるので、かたくなにイボと言い張ってます。)
が出来てしまい、それを取る手術です。


今まで何度も手術や治療で怖い思いや痛い思いをしてきたテンちゃんに
これ以上そんな思いをさせたくなかったし、
年も年なので全身麻酔も心配だったし、
最初それを発見したときは、
先生には一応報告はするけど
経過観察→もし大きくなるようなら、手術も検討…というつもりでいました。


でも、先生に診てもらったところ、もし大きくなってしまったら、
痛みで歩行が困難になる、
今のごく小さいうちに取った方が傷口や痛みも少なくて済むから
結局はテンちゃんの負担も小さいと説明を受け、
手術を受けさせる決心をしました。


手術そのものは本当に簡単なものと言われましたし、
私もそうだろうな、とは思っていたのですが
テンちゃんは前に同じような手術を受けたときに
その手術のストレスで急性腎不全を起こし、死にかけたことがあって
本当はそれが一番の不安でした。


で、手術が終わって、即日退院し家に連れ帰ったのですが
やっぱりその夜に体調を崩してしまい、嘔吐。


変な声で鳴いて、嘔吐と同時にオシッコを漏らしてしまったのを見たとき
納得して手術を受けさせたつもりだったけれど
私は間違っていたのだろうか?と激しく後悔をしました。



幸い、吐き気止めの注射を処方してもらって嘔吐は治まりましたが
その後も食欲不振&熟睡せず…の不安定な様子がかなり長く続き、
術後2週間で抜糸の予約を入れてましたが
動かすのが心配だったので、キャンセル。

最近ようやく何とか落ち着いてきたようなので、先日抜糸を終えました。
今は以前の80%くらいの状態かな?という感じがしてます。



手術の前、そして後、
不安と心配で押しつぶされそうになり、
動けなくなってしまいそうに何度もなりましたが
その度に宮部みゆきの小説「日暮し」の一節を思い出し
考えなくてもいいことを考えて不安でがんじがらめにならないよう、
「働け、働け」と自分を励ましておりました。


考えてみれば、私は昔からたくさん本には助けられてきて
今回もそうだったなぁ…と思います。




それと、手術代はもちろん、その後の費用も大変かかってしまい、
ますます我が家の財政は緊迫してしまっているのですが、
そんな中、また私が作ったLINEスタンプをいくつかご購入くださった方がいて
本当に心強かったです。



お礼が遅くなりましたが、本当にありがとうございます。

心からお礼申し上げます。



これからも多分いろいろあるんだろうなぁ…と思いますが
いろんなことに励ましていただきつつ
頑張っていこうと思います。



【LINEスタンプ くまみみちゃん 2】

こんな感じ↓でLINEストアで販売しておりますので、
ご興味のある方は覗いてやってください。

(クリエイター名『野ばら』で販売してます)


※ こちらからどうぞ→ LINEスタンプ『くまみみちゃん 2』 



















にほんブログ村

くまみみちゃん 2

August 13 [Sat], 2016, 17:53





今日は私が作ったLINEスタンプの宣伝をさせてください。

(興味のない方は、すみませんがスルーしてくださいね)

































こんな感じ↓でLINEストアで販売しておりますので、
ご興味のある方は覗いてやってください。

(クリエイター名『野ばら』で販売してます)


※ こちらからどうぞ→ LINEスタンプ『くまみみちゃん 2』 












前回作ったスタンプを自分でも気に入ってよく使っているのですが、
使っているうちに、こういうのもあったらいいな…と思うものが出てきたので
今回はそういうもの達をスタンプにしてみました。



つい先日販売したばかりなのですが、
さっそく自分で使ってみて、
「いいじゃん!」と自画自賛しております。



もしお気に入りましたら、よろしくお願いいたします。











病院へ

August 05 [Fri], 2016, 0:55


































































































































結構時間がかかってしまいましたが、
ようやく病院に連れて行けて、本当にホッとしました。

もしかしたら、ご心配いただいていた方が
いらしたかもしれません。

どうもすみませんでした。


その後の投薬等、まだまだ大変なこともありますし
何しろお金がとてもかかるので
ちょっとくじけそうになったりもしつつ
何とか頑張っております。


スタンプをご購入いただいた皆さま、
使ってくださっている皆さま、本当にありがとうございます。


毎日暑いですが、どうか体調にお気をつけて。












*LINEスタンプ*

よろしかったらどうぞー。 『くまみみちゃん』 →ストアページへ


嬉しいびっくり

May 29 [Sun], 2016, 22:09






















































































































気持ちが通じたり通じなかったりは、人間同士でも難しい…。
ましてや相手が動物となると。


でも、伝える努力はしたいなぁ、と思っております。



今回私が作ったスタンプをご購入いただいた方も、
それ以前にご購入いただいた方も、本当にありがとうございます。



どうかこのスタンプが
皆さまの気持ちを伝えるお役に立ちますように。











*LINEスタンプ*

よろしかったらどうぞー。 『くまみみちゃん』 →ストアページへ