赤ちゃんと哺乳びん

November 23 [Sat], 2013, 14:13
赤ちゃんにミルクや母乳を飲ませるときに必要なのが、ほ乳瓶ですね。
ところで、ほ乳びんに使用されている素材は、安全性が高いのでしょうか。
ほ乳びんには、プラスティック製のものやガラス製のものがあります。

ガラス製だと、落としたときに割れやすいですが、
プラスティック製のほ乳びんなら、その点は安心ですね。

とくに、外出や旅行の際には、プラスティック製の
ほ乳びんのほうが、携帯用として便利です。

ほ乳びんについている乳首の部分は、お母さんの
乳首とよく似たような感触で、吸いやすいように設計されています。

ほ乳びんについた乳首の部分は、いくつかのサイズがありますので、
赤ちゃんの口の大きさやどの程度、ミルクを吸う力が
あるのかによっても、選び方が変わってきます。

赤ちゃんとミルク

November 23 [Sat], 2013, 14:11
生まれたたての赤ちゃんは、毎日母乳を飲むのが
仕事といっても良いほどで、すくすくと健康に
成長していくために必要不可欠なものです。

ところで、中には市販のミルクを母乳の代わりに
赤ちゃんに飲ませているお母さんもいるようです。

母乳がどうしても出ないときは、市販のミルクを
与えるのも良いですが、母乳をまったく飲ませずに
市販のミルクだけを与えるのは、好ましくありません。

母乳を飲んでいる赤ちゃんと、市販のミルクを飲んでいる
赤ちゃんは、見た目には変わりがないように見えても、
やっぱり母乳で育った赤ちゃんのほうが、健康で元気ですね。

理由は前回の記事でも書いたようにアラキドン酸など
母乳には豊富な栄養素があるという事が挙げられます

市販のミルクだけを赤ちゃんに飲ませているお母さんは、
全体の約3割と言われていますから、もう少し改善して、
母乳中心に与えるほうが良いでしょう。

お母さんの食生活

November 23 [Sat], 2013, 14:11
赤ちゃんが生まれてから食生活に気をつけるのではなく、
妊娠前から食生活は十分見直しておく必要があります。

お母さんの体質によっては、赤ちゃんがアトピーや
アレルギー体質を受け継いでしまうこともあります。

もちろん、その原因がお母さんだけでなく、
お父さんに原因があるとされるケースも珍しくありません。

赤ちゃんが生まれたあとは、子育てに忙しくなるので、
あまり食事のことにかまってもいられなくなるようです。

日頃から、添加物が含まれた加工食品や喫煙、飲酒などは控える、
野菜や果物などミネラルやビタミンが豊富に含まれた
食材を積極的に摂取するなど、

常日頃から食生活には十分に注意しなければなりません。

また、高カロリーの食事や脂っこい食事をしていると、
乳腺に炎症を引き起こしやすくなり、母乳を与えるときにも
影響する可能性がありますので、注意しましょう。

赤ちゃんと母乳

November 23 [Sat], 2013, 14:07
生まれたばかりの赤ちゃんは、
胃腸などの消化機能が未発達の状態で、

お母さんは母乳を与えるのが大切な役割であり、
赤ちゃんがお母さんの母乳を飲むのは、
毎日の日課であると言って良いでしょう。

中には、子育てがストレスになっていて、
一時的に母乳が出なくなるお母さんもいるようです。

生まれたての赤ちゃんは、
泣いたりぐずったりするたびに、母乳を与えても大丈夫です。

母乳には、赤ちゃんの成長をサポートするための
栄養素が豊富に含まれています。
特にアラキドン酸は凄い効果がある事が分かっているようです。

母乳が出ないときに粉ミルクを与えるお母さんも多いようですが、
やはり母乳の栄養素にはかないませんね。

お母さんは母乳を与えて、赤ちゃんに栄養補給する
大切な役割を果たすために、飲酒やたばこ、加工食品などの
摂取を控え、体に良い食生活を行うように心がける必要があります。

赤ちゃんの心理

November 23 [Sat], 2013, 14:06
赤ちゃんの心理について、言葉を話せないので
なかなかわかりづらいかもしれませんね。

月齢0か月〜1年ぐらいの赤ちゃんは、まだ言葉を
聞き取ることも会話をすることもできません。

赤ちゃんはひとりになると、不安を感じることがあり、
赤ちゃんが寝ているときにお母さんが赤ちゃんのそばを離れて、

目を覚ますとママがいない! そんなときに、急に声をあげて
悲しそうに泣きじゃくることがあります。

これは、赤ちゃんが一人ぼっちになり、
かまってくれないさみしさを泣くことで表現しています。

また、お母さんをひとりじめしたい!
という気持ちが強いあまりに、泣きだすことがあります。

とくに、2人目が生まれてからは、
下の子どもに対する嫉妬心が出ることもあるようです。

赤ちゃんを育てていく上で、赤ちゃんの心理を
よく理解してあげることも大切ですね。
P R
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/akachanikuji/index1_0.rdf