赤ちゃんのあせも対策にアロエジェルが桃の葉ローションより効くかも?

June 10 [Fri], 2016, 17:23
これから気温が高くなるにつれ、
赤ちゃんのあせもが心配ですよね。



特に首周りとかの、肌と肌が重なるところは、
普段は隠れて見えずらいだけに、
気がついたらあせもができていた、

なんてこともよくあります。


そもそも赤ちゃんの肌は、
大人の肌より汗腺が密集しているうえ、
まだ汗腺が未発達なので、

分泌された汗が汗腺の出口に溜まりやすい状態になり、
そのままにしておくと不衛生です。

ですので、汗をかいたらこまめに拭いてあげ、
清潔を保つことが重要です。

そのうえで、衣類を少なめにしたり、
夏の暑いときには自然の風にこだわらず、
エアコンを上手に使って、

汗をかきすぎない環境を整えてあげることも必要です。


また、少量のおしっこでも、
まめにおむつを替えてあげることも効果的です。

軽いあせも程度だったら、病院に行かなくても、
汗のケアをし、清潔にしていれば、
すぐに治るのではないでしょうか。


昔から赤ちゃんのあせも対策には桃の葉ローションが有名ですが、
ビタミンやミネラルが豊富で抗菌・抗炎作用にすぐれたアロエが、
いま注目されています


赤ちゃんのあせもは、汗が肌表面に長時間留まった結果、
常在菌が肌の表面で増殖し、
そのことによっておこる炎症なのですが、

その炎症に対して、抗炎作用にすぐれたアロエベラ樹液が
働きかけるわけです。

なかでも、フランスのオーガニック・スキンケアブランド、

コディナの「モイスチャーアロエジェル」は、

オーガニック成分99%だからお肌の敏感な赤ちゃんでも安心ですし、
アロエベラエキスは96.22%も配合されています。

赤ちゃんのあせもに対して、一番のオススメの使い方は、
沐浴のさいの入浴剤として使うこと
です。

ベビーバスタブに大さじ1杯の「モイスチャーアロエジェル」を
溶かすだけで、お湯がやわらかくなって肌当たりがやさしくなり、
お風呂上がりには赤ちゃんの肌が、

すっきり&しっとりしているのを感じることでしょう。

気になる方は、下記の画像をクリックして、
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓