1対3指導

January 22 [Thu], 2015, 9:17
1対3指導は、個別指導塾で1人の講師について3人の生徒が一緒に勉強するタイプです。
指導時間が1時間だとすると、生徒が3人なので単純に1人あたりの指導時間が20分ということになります。
集団指導をしている塾に比べると、3人一緒だとしても個別指導塾の方が子どもの段階に合わせて指導することができると思います。
1対3指導の場合だと、「演習」「演習」「解説」の繰り返しになると思います。
3人生徒がいるため、1人あたりにさかれる解説の時間は短くなり、時間のロスや指導の質が低下するなどの問題も起こりやすくなります。
しっかりと指導してほしいと考えるのであれば、1対1指導方法を選ぶのが得策だと思います。

実際に行われている1対3指導の様子を見てみると質問をたくさんする生徒や、勉強があまりできない生徒に対して講師の指導時間が長くとられるため、比較的勉強ができる生徒や遠慮する生徒は放っておかれてしまいます。
生徒1人に対して指導時間も短いので、生徒の学力アップに対して講師があまり責任を持てない状況です。
中にはよく面倒を見てくれる講師もいますが、それは講師が個人的にタダで奉仕してくれているものなので、これを期待するのは難しいと思います。

個別指導塾には他にも「ブース形式」と呼ばれる指導法があります。
これは5人から10人が大きな教室のブースを回っていき、質問がでたときには講師が指導するというタイプです。
これは教室が自習室と同じような状態なので、自分で勉強できて質問したいことを積極的に聞ける子にはいいのですが、そうでなければおすすめできません。
講師の目もほとんど行き届きませんし、勉強に身が入らない生徒もいるからです。
このブース形式では講師を独占することはできないので、個別指導塾としてのメリットをしっかりと利用するためにはやはり1対1指導がおすすめです。
おすすめ お見合いサイト
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けんいちak1vl2eh
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ak1vl2eh/index1_0.rdf