自動売買をするのであれば 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
今の時代、「機械的運用」とインターネットで検索をかけてみると、山の様に情報が表示されます。その分、投資に対して興味を持つ人が増えてきたと言うことになります。

サイト上には「確実に儲かる」とか「マスコミで信頼された」とか、派手に宣伝しているサイトもたくさんあります。もちろんこれらが全て嘘だとは限りません。上手に利用すれば儲けを得る事も出来るでしょう。しかし「確実に」稼げる情報はありませんし、必ずしも設けられる訳ではありません。あくまでも1つの情報でしかないのです。

特に機械的運用でも自動売買で行おうとする場合には、初期コストが多くかかる場合が多く、システム使用料が高かったり、使用するソフトにも高額なお金がかかったりしてしまうケースが少なくありません。そうなるとこれ以上儲けを出さなければ意味が無くなってしまいます。しかし外国為替証拠金取引機械的運用の自動売買システムに関しては、無料で始める事が出来る物もあります。

自動売買は自動的に売買されますし、過去データをベースにして売買されますので、過去のデータの実績がたくさんある方が、効果もアップすると言う事になります。検証する際にも過去10年分のデータを使って検証すれば、より精度も高まります。

これだけ聞くと自分にも簡単に出来るのではないかと思いますが、自動売買をするのであれば出来れば中・上級者の方が行った方が、上手く活用できると思います。初心者の方がこの機能を使うのはあまり必須ないと考えられます。

薄毛 薬

売買に関する判断を機械的なルールに 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
今や投資も直接店頭に行かなくてもインターネットを利用して出来る様になりました。直接証券事業所に行かなくても、自宅に居ながら好きな時間に取引が出来るのです。それに伴い株を始める人も増えてきているのが現状です。

とは言う物に、投資で稼げている人は全体の5%前後と言ったところですから、勝率はあまり良いとは言えません。

損をし続けて、投資の世界から足を洗う人達の敗因は何でしょうか。多分儲けばかりを追求して勝ち目が無い勝負をし続けた事にあるのではないかと思います。何故自分が損をしたのか理解する事も出来なくて、「次やったら勝てるかも」と言う淡い期待に負けて、一貫性を持たない売買を繰り返し、結局お金が底をついて続けられなくなったと言うのが現状でしょう。

投資で儲けを得られる様になる為には、ある一定の条件が必携です。「規律を守る事」「経験を積む事」「資金管理をしっかりする事」「勝てる為の意思を持つ事」です。また、きっちりと儲けが得られるようになるまで勉強や努力をして、その上で始めると言うのも良い方法です。そうじゃないと大事なお金を無駄にしてしまう可能性が高いのです。

システムトレードでは、売買に関する判断を機械的なルールにしてしまいます。機械的だからこそ自分自身の感情を抜きにして投資を進めていく事が出来ます。また過去の投資計画を見て儲けが出ていた計画を使用する事も大きな魅力です。また、パソコンがあれば過去の検証も簡単に出来ますし、それを自分なりにアレンジする事も出来ます。

投資は苦しい物ではありません。楽しく行えれば機械的運用攻略も出来てベストではないでしょうか。

二重 方法

システムトレードをやってみるまでの歩み方をどうすればいいのか 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
システムトレードをやってみるまでの歩み方をどうすればいいのか、少しご紹介していきたいと思います。

機械的運営を行うには、過去に行っていた戦略を見つけるのですが、どう言った戦略が儲かる戦略なのか、こう言った事をよく研究した上で投資する市場等も検討していくべきだと思います。機械的運営を行うには、先ずそこから始めると良いでしょう。
次に、見つけた戦略に対して検証をすると思います。検証時にはちょっとした疑問点、不安点等も曖昧にしないで勉強して突き詰めていくと言う格好が必須になります。もしそれを何かの雑誌を見て「これなら安心」「確実に稼げる」と言った文言に惑わされ、それに振り回されたとしたらお金なんていくらあっても足りなくなるでしょう。

検証は自分の為にもなりますし、その結果を更に検証してどうやって調整していくのかも大事です。記録をしていく事はかなり手間も時間もかかりますが、大事な事ですので決して諦めずにじっくり取り組んで下さい。

最後に、必ず勝てる戦略を見つけ出すと言う事は、投資で成功する位難しいと思います。投資で成功している人は全体の5%程度だと言われていますから、その位の割合でしか見つけ出す事が出来ないのです。

ですから、テクニカル分析もしっかりして、雑誌等に書いている内容も全部無視するのではなく参考程度に頭に入れておいて、知識として自己の為になりますので、そう言った事からシステムトレードを行っていくのが良いのではないでしょうか。

おでこの広い人、後頭部が怪しい人はコレで頭皮の大掃除

確実性があるのか保証が欲しいのが現実 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
システムトレードをしてみるからには、やっぱり確実性があるのか保証が欲しいのが現実だと思います。

確実に儲けを出す事が出来ると保証できるなら誰でも実践すると思うのですが、100%の物なんてありませんし、危険度が無い投資は有り得ません。ですからどんなに損をしないようにと慎重に運営をしていたとしても失敗する時は失敗しますし、今やパソコンで全て行っているでしょうから、パソコンに何らかの障害が出てしまえば取引はそこで止まってしまいます。ですから色んな事がおきる事を想定した上で機械的運用を行っていく事が大切です。

特にシステムトレードの中でも自動システムトレードを行っている場合には、注文を出してさえおけば後はお任せ状況になりますので、パソコンやサーバーの調子に左右されてしまうと言うデメリットが生じてきます。こう言う事が無いように常にパソコンの調子をチェックしたり、ハードディスクを整理したりして動作環境を整えておく必須があります。
また、機械的運用をするには取引する業者も選ばなくてはなりませんが、この業者の選び方も大切です。ポイントとしては「安定性」と言う事を重視しておくと良いと思います。

とは言っても、機械的運営は自己の意思がはっきりしていなくて、メンタル状況によって取引が左右されやすく、なかなか儲けを出す事が出来ない人にとっては、とても便利なシステムだと思いますので、是非有効活用してみて下さい。

薄毛 薬

システムの効率を調べる上で目安になるのが 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
機械的運営で儲けを得た場合、例えば100万円の儲けを出したとします。結果的にみると100万円の儲けだとしても、そこに至るまでの過程は色々あります。

その1つとして勝ち分が120万円、損失が20万円で結果的に純儲けが100万円だったと言う場合、もう1つとして勝ち分が1000万円、損失が900万円で結果的に純儲けが100万円だったと言う場合、どちらも同じ純儲けが100万円ですが、どう考えても後者の方が効率が悪い運営でやっと100万円の儲けを出したと言う事が伺えると思います。

この効率は結果を見てイメージで決めるのではなく、きちんと数値として表わせます。その効率を表す指標として「Profit Factor」を使います。「総儲け/総損失」でこの数値を表し、高い数値程効率が良いと言う事になるのですが、前者であればProfit Factorが6、後者であればProfit Factorが1.111と言う事になり、結果的に前者が効率が良く、後者が効率が悪いと言う事になります。

この数値が1.0以下であれば、当然損失の方が上になると言う事ですので、そんなシステムは使わない方が良いのですが、2.0以下の場合もあまり期待しない方が良いシステムだと思います。多少収益が出ていても仲介料などで結果的にマイナスになる可能性が高いからです。

ですから、機械的運用を運用していて「Profit Factor」が2.0以上になった場合は、効果があるシステムだと言う事とみなして運用していくのが良いと思います。

システムの効率を調べる上で目安になるのがこの「Profit factor」であると言えるでしょう。

ひどすぎる顔のたるみでも綺麗に戻してくれる美顔器

人間らしい事を排除してこそ投資の成功率は上がる 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
裁量トレード、機械的運営等、投資をしている人は世の中には多いと思いますが、よく考えてみると人間は実は投資に向かないのではないかと言う性質があります。

通常、人間は投資をすると損をする様になっているみたいで、損失を最小限に抑えたいと考えるあまり、利益はほんの少しでも満足してしまって損失を減らそうと考えるのです。そうなると、損失をどうにかしようと言う考えに偏ってしまい、利益を出す事が出来なくなり、結果的に損をしてしまうのです。

自己はそうじゃないと思っていても、投資自体で儲けを出すのは本当に大変な事だと思います。

投資計画を学んでみたところで、必ずしも勝てると言う訳ではありません。知識が増えるので勝率は多少上がると思いますが、6〜8割程度と言う所でしょう。勝てる手法を手に入れたらずっと同じ手法でやり続け、勝ち目を見極めて投資し続ける事がトレーダーにとっては必要な事なのですが、この「続ける」と言う事が人間には難しいのです。そう言った弱点を持っているのを認識した状況で投資をやっていくべきなのです。

人間ですもの、判断基準を間違える事もあるでしょうし、感情的になってミスをする事もあります。自己自身をコントロールしながら進めていくのは本当に大変な事なのです。だから、人間は投資に向かないのではないかと言う事になるのですが。

こう言った人間らしい事を排除してこそ投資の成功率は上がると思うのです。そこでお勧めなのが、感情が入らない機械的運用だと思います。

かわいいデコメ

機械的運用を行うにはテクニックはどうしても必携 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
やはり機械的運用を行うにはテクニックはどうしても必携だと思います。投資に対して熟練したテクニックが有る人と無い人とでは結果に大きく差が出るのは歴然としている事です。

「簡単にできる投資」とか「誰でも出来る投資」とか本を読んでみたり、インターネットで情報を提示しているのを見たりして学んでみるのもいいでしょう。また投資に関してある程度の知識を持っている人から聞いて実践してみるのも良いでしょう。しかし、一夜漬けみたいな感じでは、やっぱり熟練者とは同じ様な結果にならない場合が多いのが現実です。投資を成功させる為には、自己で考えて失敗や成功を繰り返しながら学んでいくのが一番だと思うのです。

システムトレードも同じ事で、実際には売買ルールに従って運営するので、知識やテクニックなんかは必携ないと思いがちですが、その売買ルールから自分個人の計画を立てる為に知識やテクニックが必携になりますし、運営していく上での精神的な鍛錬も必携になってくると思います。

とは言っても、機械的運営の様な機械的投資方法は論理が機械的ですので、ある一定条件になったら売りなさい、ある一定条件になったら買いなさいと言う様にルール決めをしているので運営そのものには知識やテクニックは必要ないと思います。その前後に知識やテクニックが必要になるのです。

とは言ってもやっぱり体験やテクニックは大事です。結果によって学ぶ事もあるでしょうし、それを生かしてテクニックを磨いていく事も出来ます。その結果、収益に大きく差が出て来るようになると思います。楽して稼げるなんて事は無いと言う事です。

テニス サーブ 上達

投資の判断も考えに考え抜いて判断する方が良い場合 

November 11 [Wed], 2009, 12:00
せっかく機械的運営をやろうとして、一番良いと思う戦略を作ったとしても、長い将来、常に高い儲けを得られ続ける訳ではありません。儲けを出し続ける為には少しずつでも調整していく必携があるのです。

でも、どうやって改良をしていくポイントを見つけていけばいいのか、毎日トレードをしているとマンネリ化と言うか徐々に変わってきている為に気付きにくくなると思いますが、システムを見る視点をちょっと変えてみてみると、今まで気付かなかった部分に気付く事が出来ると思います。

例えばですが、チャートを見てみて下さい。実質目に見えるのはFXレートが上下していると言う動きだと思います。しかしこれは表面的な物にすぎません。視点を変えて見てみると、相場師の心理状況が反映されているチャートですので、実態的にどう動いているのかと言う事が理解できると思います。

また、機械的運営にはテクニカル分析をするのが良いと言われていますが、これも現状によっては当てはまる場合と当てはまらない場合があります。

また、投資の判断も考えに考え抜いて判断する方が良い場合と、却って考え過ぎないで反する方が良い場合とあります。

そうした事を組み合わせた上で、機械的運用の計画にどう反映させていくのかが調整していくカギとなるのです。

色んな情報に惑わされず、本当に必須な数値だけを見て戦略を作り上げていく事が、あなたが作った機械的運用の勝率を上げる最大のポイントだと思うのです。

モデルのような小顔に!