プロのスカウトの目

September 20 [Thu], 2012, 0:54
ニュルンベルグがC大阪扇原に食指mediaid8現在発売中のNunber誌812号で、スペインの名スカウトが語る関塚ジャパンの通信簿という記事がある。
個人的には、五輪代表の大活躍の立役者は、オーバーエイジの貫録を見せてくれた、DFの吉田麻也だと思っていた。
ところが、この記事でのリーガのスカウトマンからの吉田の評価は、1つ星最高3つ星と低く、3つ星の評価だったのは扇原だった。
吉田への低評価は、ターンが致命的に遅く、スピードのあるFWに対応できないというもの。
そうかなと疑問に思って読んでいたのだが、その後、吉田はプレミア移籍後、リーグ戦に初出場出張ホストした。
すると、このスカウトが言っていたように、スピードタイプのFWに振り切られまくって、苦いプレミアデビューになった。
さすが、プロの目は違うものだなぁと感心したものだ。
吉田にとって、そして日本代表にとって、良い話では無いですけれどそんな中、本場のプロのスカウトマンが最高に評価していたのが扇原。
敗戦の失塔Vーンの原因についても、あれは彼の責任ではないという。
高さもあるので、将来はCBでも面白く、パスの精度とセンスが良いので、トップ下でも通用すると褒めていた。
とりあえず、日本人と相性が良いドイツで経験と実績を積んで、その後、リーガで活躍する姿が見たい。
ブラジルを見据えた日本代表で、遠藤のバックアップとして適任は扇原だと思うのだが、なかなかザッケローニから声がかからないのが残念なところだ。
一度、遠藤のポジションで試して欲しいのだが。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ajitquj3q3
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ajitquj3q3/index1_0.rdf