オリンピックの火を東京へ

July 04 [Thu], 2013, 11:55
2020年のオリンピック開催の地招致合戦が
デッドヒートを迎えているようです。

7月3日には3都市によるプレゼンテーションがあり、
各国は思いの丈を国際オリンピック委員会にぶつけられたようです。


和が国日本の東京招致委員は、
「持てる力を十分に発揮した」と述べ、
好印象を得られたようですが、
「大変なのはこれから」と、気を引き締める場面もあったようです。


前回も招致合戦に参戦したいた東京。
今回同様手ごたえは感じていたものの、
最終的にはブラジルに決まってしまい、
手痛い敗北を喫してしまったからこそ、
今回は慎重に慎重を重ねて、
気持ちを引き締めて招致合戦に臨もうということなのでしょう。


プレゼン後には質疑応答が行われ、
100通りの想定問答を用意しておいたようですが、
結局質問されたのは5つだけで、
「質問が空くなっかったのは、プレゼンが完璧に近かったから」だと
前向きな考え方をしていたようですが、
考え方によっては、
『東京を推す気はないので、質問はしない』
と考えているIOCの委員もいるかもしれないので、
手放しに喜ぶわけにはいかず、
やはり褌の紐は締め直すに越したことはないようです。



それにしても麻生副総理の帽子には・・・・
いけないとは思いませんし、
似合っていないとも思いませんが、
なんとなく浮いたような感じがして、
如何なものかと思ってしまうのは私だけでしょうか?




オリンピックが東京で開催されることのメリットは大きいと思います。
しかしデメリットがあるのもまた然りです。
それでも招致するのは、デメリットよりもメリットが大きいからでしょう。
だとしたら国民が一団となって招致に進むのも悪くはないでしょう。

安心、安全、確実な五輪
日本の水ほど安全な水はありません。
ましてや世界遺産に登録された富士山の水となると
格別なものがあるはずです。

是非、世界の人にそんな水を呑んでもらいたいと思います。










P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りくvl17
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる