DMの仕事内容

September 20 [Fri], 2013, 17:42
薬剤師の方の中に、DM(データマネジメント)の仕事に興味のある方はいらっしゃいますか…?
DMとして働く薬剤師はどのような仕事をしているのでしょうか?
こちらでご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

新薬を販売するためには臨床試験が不可欠で、いろいろなデータが必要となります。
そのため、データを管理する人が必要となるのです。その管理を行う人のことをDMというのですが、DMの仕事をするために特に薬剤師の資格は必要ありません。ですが、薬剤師の知識があったほうが感度が高いため、薬剤師を求める企業が多いようなのです。

DMは、医師が書いた症例報告書にミスがないかを確かめて、正しいデータを入力していきます。
それ以外にも、臨床試験のルールで定められた用法、容量が守られているか・日付計算が正確であるか・プロトコール(治験実施計画書)の基準に沿ったデータが揃っているか・GCP(医薬品の臨床試験の実施基準)に沿って、被験者の健康と人権が守られているか・併用禁止薬を使用していないか…、などのチェックを行っていきます。

このように、DMはとても責任の大きな仕事でやりがいがあります。
また、薬剤師としていろいろなことを学ぶことができるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jow
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aj32k/index1_0.rdf