ポルシェ カイエン に プラチナエディション…装備を充実

August 16 [Wed], 2017, 22:49




(レスポンス)



ポルシェのドイツ本社は12月1日、『カイエン』に「プラチナエディション」を設定すると発表した。

同車は、カイエンのV型6気筒エンジン搭載車をベースにした特別モデル。ポルシェによると、多くの顧客が望むオプションを標準装備することで、エレガントさやエクスクルーシブ性、洗練さを際立たせたという。

装備面では、バイキセノンヘッドライアンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3、パワーステアリングプラス、パークアシストなどを標準化。室内は、ブラックとベージュのツートン仕上げ。部分レーザーが標準で、フルレザーはオプションとなる。専用のドアシルプレートも付く。

また、スポーツデザイン仕様のパドルシフト付きステアリングホイールを採用。ナビゲーションシステムを核としたPCM(ポルシェ?コミュニケーション?マネージメント)が装備され、オーディオは出力235Wの11スピーカー。

ボディカラーは、専用のプラチナシルバーを用意。このボディカラーに合わせて、エアインテークのグリルフィン、窓回り、リアスポイラーリップ、テールゲートのトリムストライプが光沢仕上げに。アルミホイールは19インチの5本スポークとした。

このプラチナエディションは、期間限定で2014年1月に発売。ドイツでは、ガソリンとディーゼルの両エンジン搭載車がラインナップされる。

森脇稔