サッカーボスニア・ヘルツェゴビナ代表

April 02 [Tue], 2013, 0:04
ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年にユーゴスラビアからの独立を宣言したが、これに続くボスニア紛争の影響により、旧ユーゴスラビア構成諸国家の中で、最も国際舞台への復帰が遅れた。



ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会は1996年に、国際サッカー連盟、欧州サッカー連盟に加盟。

ワールドカップへのエントリは1998年フランス大会予選から、欧州選手権へのエントリは2000年のベルギー・オランダ大会予選からとなった。


オススメ!人気のネット通販商品
当初、ボスニア・ヘルツェゴビナ協会はボシュニャク人のみで構成されていたが、1998年にクロアチア人が、2001年にはセルビア人が合流し、3民族によるナショナルチームとなった。

ただし、クロアチア人やスルプスカ共和国のセルビア人の中にはクロアチアやセルビアに対しての帰属意識を持つ者もおり、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身ながらサッカークロアチア代表やサッカーセルビア代表に加わる者もいる。

この3民族のそれぞれの代表者が連盟会長職に付いていたことを国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)が問題視し、2011年3月31日までに解決しない場合は資格停止処分を科すと警告していたが結局、3月29日の協会の総会では解決しなかったため、FIFAとUEFAは4月1日をもって資格停止処分を科した。

その後、協会側が会長職を1人とした制度改革を発表した為、制裁は5月30日に解除された。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうかoh8j
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aj0t961n/index1_0.rdf