初めて耳にする”糖質栄養素” 

2004年06月23日(水) 8時19分
色々模索中、PC教室で会話をする仲間の一人にTさんがいました。
その方は、10年程まえに仕事を辞め今は、株で生活をしている、とてもおっとりした方でした。
Tさんと1ヶ月ほど、話をする中でたまたま糖鎖と言う物があり、「今、日本でも研究が盛んに行われ、ノーベル賞受賞の田中耕一さんの率いるチームに国が3年で27億もの、お金をかけ研究をしているんだよ」と聞き、その糖鎖の研究はアメリカでは日本よりはるかに進んでいて10年も前に製品化もされてます。
「人間の体は60兆の細胞でできており、毎日毎日細胞は作られるが、壊れていくものもある、年を取ると共にその細胞が作られる数は少なくなります。(ようは壊れていくばかりですよね)細胞が傷つき壊れて行けば病気になる。」と言うことぐらいは知ってました。
しかし、此処で聞いた話は、「以前の研究は細胞一つ一つの中心となる部分ばかりを、顕微鏡で覗いての研究でした。それが細胞の中心では無く、細胞一つ一つには、糖鎖と言う鎖状の物がありそれが、細胞と細胞が繋がっており、体の中にウイルスや菌が侵入した時にそれを異物として感知し攻撃をしなければと察知するのが糖鎖だと言うことを聞きました。」
私は、エステと言う仕事を10年してきたので、多少は関わりのあった話と、何より美を求める上で、突き詰めると第二の内臓と言われる皮膚を綺麗にして行くには、細胞が健康である事がまず第一であると常々思っていましたし、お客様にお手入れをしたりアドバイスをする中で
小さく考えれば、部分的な例えば顔の皮膚の細胞を活性するお手入れをすれば多少は良いのですが基本的に大きく見れば細胞はそこだけに存在するものでは無いので、やはり全体を改善する事がという部分で限界を感じていました。
そこにこの様な話を、耳にして早速webページで”糖鎖”、”糖質栄養素”、”マナテック”、等のキーワードで検索し一つ一つ調べていきました。

初めてネットワークビジネスという言葉を... 

2004年04月10日(土) 0時33分
そんな時、前職場の知り合いのY子さんとの会話で仕事をしたいけど、会社には入りたく無い自分で仕事をしたいと言う話になりY子さんの知り合いの方からNジュースのネットワークビジネスの話を聞きました。
ネットワークビジネスと言うものに対しての抵抗と、ピント来るものが無く、どちらかと言うと不快感と物に対しての興味を感じませんでした。(物は試しで飲んでみましたが...私には興味をそそられる物ではありませんでした)
そうこうする内、自分で仕事をするなら、PC位出来ないとと思い、3ヶ月習う間に考え様と思いました。
私は、10年ほどエステの仕事をしていたので、5年前からエステ仕事を自営でしようと機械も購入していましたが、家庭の事情とエステ業界の流れ等を考え踏み込めず断念。
その時私は、フェイシャルと無駄毛処理をする脱毛と、髪の毛の発毛育毛の技術を自宅に伺い提供をしようとと考えていました。しかし、今思えば、やらなくて良かったのかもしれません。時代は流れています。私が購入した機械も電気脱毛ですから、機械も小さくてすみますが、今では、光脱毛がメインです。機械がとても大きく、毛質によっては処理効果のあまり出ないもので、数年前火傷などのトラブルで摘発されたスタッフいたようです。
使い方さえチャンとしていれば問題は無いですが、やはり機械購入の金額1000万以上の物に比べ、施術料金の市場の単価1〜4万とかなり低いものです。
どちらにしても機械は無駄になりましたが、有効利用は出来ているんのでよしとしようと思っています。(次は糖質栄養素にたずさわるキッカケ...)









本日よりスタート!! 

2004年04月03日(土) 23時28分
私が、今回このブログを書こうと思ったのは、今後の自分のM社の健康食品を使用するに当たり自分の変化と効果についてデーターを書き留めておこうと思ったからです。
そして、そこにいたる経過を書きとめておこうと考えたからです。(実は、今書いている内容は、思い立った9/22のもです)
私は、以前働いていた会社を体を壊しH14年3月末日に退職しました。
と言うのも仕事が始まるのは、サービス業と言うこともあり始まりはAM10時30〜AM12時20分前後迄仕事をし、月に2度程幹部会議がある時はAM3時もしくは5時まで資料を作成し、AM7時には家を出て会議に挑むと言う生活をしていました。もちろん昼食も5分づつ3回に分け取るような状態でしたので一日1〜2食しか食べていませんでした。月の休みも2〜3日だけでしたので、毎日毎日、仕事の事を考え、睡眠も3時間で体も心もぼろぼろでした。
一年で20kgの体重減。そんなこんなで髪は薄くなり、目には熊が居座り、微熱が出て下痢と吐き気、目の焦点は合わず、集中力記憶力が酷くなり、自分でも不整脈だと感じることもありました。
何より右足のひざだけが右と比べ極端に細くなりしびれ(正座をした後の感覚の無い状態)
ダラリとして力が入らず、行儀が悪いですが下に落とした物を足で引き寄せたくとも力がはいらず取ることも出来ませんでした。こんな状態に歯が痛み治療をしても痛みが止まらず頭痛が酷くなり仕事前に治療をして出勤(治らないので毎日通いました)歯茎がボロボロ麻酔も効かず、休みを申し出ましたが受け入れてもらえず、とうとう退社。
その後2年近く微熱と体調が思わしくない状態でした。
まっ、暗い話は此処までにしましょう。
話が長くなりましたのでこの先は次へ....(M社にたどりつくまでを書きます)


2004年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aiyumi2004112
読者になる
Yapme!一覧
読者になる