心右へ、脈打ちます左側

October 29 [Sat], 2011, 14:40
日は依然として白い雲が生息するので、雲の中の果て、一目で尽きないしようがなさを眺めて、雲は風向き次第で飄々としていて、滞在することができるような地方。すぐに情勢が非常に不安定で、花が下ろすのはほぼ尽きようとして、秋の寒さはすでに人の心に侵入しました。jimmy choo ugg
この季節別れについてを惜しんでと、何が秋の気持ちなことを知らないで、秋の思いこがれること、朝鮮はモクセイの香をかいで翻ってこの承諾する大きい大通り、容姿のきんでている美しい姿、1は続いて絶えないで広々とした野原のへりで消えてなくなります。

いわゆる見抜いて、この世界の生活のはすでに意味が少しも言う値打ちがないと感じるのではありませんて、学んでいるのがいくつかおろすべきです必要でなくて、気にとめていることはでき(ありえ)ないか必要はないのではありませんて、必要でない中で混ぜる1部の情で、この情の時には値打ちがあるあなたは堅持して、堅持して放棄しないのではありませんて、ただ放棄する同時に、双方は不平です。

  思ってと思い合って、思うのとは執着して、はっきり言えない変転浮沈、はっきり言えない曇る晴円は欠けます。1面落葉、1点ずつ感情、たとえ世の中のですとしても、親心、愛情、友情はすべてずっとあなたの右心房で貯蔵して、左心房は脈打っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:勇気
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aishangbaoqian/index1_0.rdf