今日の格言 

2005年12月30日(金) 23時26分
今日は中学時代からの友人Cとお茶をしてきました
そこで学んだこと・・・
『押してるのか押してないのか分からないのはダメだよ』
確かに
ていうか21歳にしてそれに気づくって・・・
やっぱりアイサの恋愛は中学生レベルなんだろうなぁ。
でも、何かすっきりしたかも。

アイサはもともとストレートに押したい派です
しかも、押されるのはダメで、
自分に恋愛感情を持ってない人を振り向かせたいの
好きなら好きって伝えたいし、がまんできない。
ほんとかっこいいよね!とか、
○○くん好き〜。とかすぐ言いたくなっちゃう。

だけど最近はそれはダメなんじゃないかって思って、
自分の気持ちがばれないようにしてきた。
でもやっぱり押したいという気持ちはあって・・・。
結局、押す前に安全策のために探りを入れていた。
だけどそれって相手にしてみればめんどくさいし、重いよね

やっぱりごちゃごちゃ考えずに、好きなら好きで良くない?
ストレートに前向きに愛情表現されていやな人なんていないはず
しかも、こっちが前向きだったら相手も重く感じないだろうし、
うまくいかなかったときも後味悪くならないしね

それに、メールしたいのにできなかったり、
話したいのに変に考えすぎて話せないと不安定になる。
それは自分の気持ちをごまかしているからなんだろうなぁ。

よし、やっぱりアイサは直球勝負でいくよ
周りがどう思おうが関係ない。
例え周りに『あの子押しすぎだよね』とか言われたって、
そういうこと言うのは所詮その程度の仲だしね。
彼がイヤだと思わなければオッケー

最近うだうだ悩んでいたことに決着がついた
やっぱり長い付き合いの友達と話すと気持ちがすっきりするなぁ。
がんばって楽しく恋愛しまーす

過去形で言われるのって・・・ 

2005年12月13日(火) 22時26分
何か急に高校の時にUちゃんに聞いた話を思い出した。

Uちゃんは中学時代イギリスに住んでいて、
卒業後日本に帰ることになりました。
彼女は好きな子がいたんだけど、
帰国を目前に告白もできず、何もせずに帰国するつもりだった。
でも帰国間近に彼と会ったときに、

「I loved you 」

といわれたそう。
今でこそ国際恋愛だってできても、
中学生にとって日本とイギリスでの遠距離恋愛なんて考えられない。
Uちゃんも泣く泣くそのまま別れたそうです。

その話を聞いたときはすごく切なくなった。

仮に今自分がその立場に立ったらどうするんだろう。

塾の友達で、イタリアと日本の遠距離恋愛をしてるMちゃんがいる。
Mちゃんは彼氏と高校の時から付き合っていて、
彼がイタリアの大学に留学してる。
彼は年に2回くらい日本に帰ってくるみたいだし、
Mちゃんも学校の休みにはイタリアに2週間くらい行っている。
でもやっぱり会えない時間の方が圧倒的に長いわけだし、
Mちゃんはいつもこのままでいいのかと不安を感じてるみたい。

はっきり言っちゃうと、この資格の勉強をしながら
年に2回も2週間という旅行に行くのはかなりきつい。
だから当然Mちゃんも両立できていなくて、どうするつもりなんだろうと思ってしまう。

でもその反面、それでも別れられないほど好きな人がいるのが羨ましくもある。
アイサは今はそんな恋愛ができない。
多分、付き合っていくうえで何かしら障害がある人は、
あらかじめ恋愛対象から排除している気がする。
気軽には会えない距離の人、
行動範囲や生活時間が違う人、
ダブルスクールの忙しさを知らない人など。

でも、でも・・・
実はこうも思っている。

学生のうちにもう1度くらい、全てをかけて恋愛したい!




周りは就活中 

2005年11月13日(日) 14時34分
今日は母校の文化祭に遊びに行くつもりだったんだけど、
友達が就活の面接が入り、急遽中止になっちゃいました

いよいよ就活の時期なんですね〜。
周りもどんどん髪が黒くなっていきます。
実際に始まっているのはマスコミくらいだけど、
セミナーなどがいっぱいあるみたい。
アイサのところにもリクナビなどから案内が毎日山のように届きます
うん、ぶっちゃけいらない
でも読み物としておもしろい冊子などがあるので、
一応就活応援サイトの登録はしておきます。
それに、ある程度就活のことも知っておきたいし。

大学に入ったばかりのころは就活なんて果てしなく先のことで、
全く現実味がありませんでした。
さらに、自分が就活しない道を選ぶなんて
想像もつかなかった…

やっぱりこれが1番 

2005年11月12日(土) 22時08分
クレンジングがなくなったので高島屋へ行ってきました〜
いろんなカウンターを見たのですが、
買ったのはやっぱりこれ


ボーテ ド コーセー アルティメーション




これは何度リピートしたことか。
コスメデコルテが秋に新しく出した
ハイドロサイエンスも気になりましたが、
BAさんに相談したところ、やっぱりこれに決定〜

アルティメーション、ハイドロサイエンスともに
潤いを与える効果が高いそうですが、
ハイドロサイエンスは特にキメを整えたい方にオススメだそうです。

アイサはキメより毛穴の汚れが気になるといったところ、
アルティメーションを勧められました。
マグネット効果?というもので、毛穴の奥の汚れもしっかり吸着してくれます
でも肌に優しい使い心地です。

夜さっそく使ってみました。
うん、やっぱりアルティメーションはいいっ
適度な硬さが使いやすく気持ちいいです。
汚れがしっかり落ちるけれど潤うかんじ。

この前まで、マイクロパフォーマンスのクレンジングクリーム、
クレンジングオイルと使ってきたのですが、
もう浮気はしません
アルティメーションさん、あなたについていきます

白河夜船 

2005年11月08日(火) 22時51分
吉本ばなな 『白河夜船』

昨日から読み始め、今日読み終わりました。

感想は…
どうなんだろう?

私は吉本ばななさんの本好きなんです
定番の『キッチン』や『うたかた/サンクチュアリ』は
何度読んだことか…。

『白河夜船』もいい本だと思います。
この人独特の、脱落感と希望の入り混じったかんじ。

ただ、この本をすごく薦めている書評を見てから読んだので、
先入観が強かったのかも。
その書評には、要約すると
「生きる意味を問う本。読んだ後なぜか爽快感につつまれる」
といったようなことが書いてありました。

それを見て何となく気になったので、
次の日に買って読み始めました。

でもやっぱり、本は何の先入観も持たずに読みたい

女の子会 

2005年11月07日(月) 22時39分
今日は大学の友達と3人でお茶してきました
やっぱり女の子トークは楽しいっ

今日のテーマは…
人生で勝つことと女として勝つこと

結論としては、どっちも勝ちたいよねということ。
アイサたちは今大学3年なので、
これから就活が始まります。
だから将来の話とかけっこうする時期

さらに今日は、アイサが来年受ける資格試験の合格発表でした。
今日お茶していたKちゃんも
同じくその試験を目指している子。

絶対受かるだろうと言われていた人がダメで、
思うようにはいかないものだなぁ
合格率が10%に満たない現実を
改めて突きつけられた日でもありました

今日で本当に今年の試験は終了。
さぁ、これでアイサたちが受験に直面するんだ。
がんばろう


初めまして 

2005年11月06日(日) 19時16分
初めまして、アイサといいます

実は前もブログを書いてみたのですが、
今日から気持ち新たに始めようと思います
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■プロフィール■
☆アイサ
☆現在大学3年生で、Wスクール中。
☆楽しいこと大好き化粧品大好き☆
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aisa-diaryplus
読者になる
Yapme!一覧
読者になる