寺岡と新保

August 12 [Sat], 2017, 15:46
看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。



看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを持ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であればパスできる試験です。育児のために転職する看護師も少なくありません。
看護師の場合、特に育児としごとを両立指せることが大変なので、日中のみ働くことができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いですよね。育児の間のみ看護師をお休みするという人もいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探してみましょう。


修学旅行やツアーなどに共に行き、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。



結婚して子持ちの人は週末を休みにできたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。

病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護師免許を得るには、何通りかのパターンが挙げられます。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。


受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して勉強することが必要です。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募りゆうです。

何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。

高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが勤務条件の利点を並べるのに比較して、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募りゆうのほうが採用に結びつきやすいと思います。キャリアアップを目さして転職を考える看護師も世の中にはいます。看護師としての腕を上げることで、高収入を得ることも可能です。

その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。内科の外来がちょうどだと思う人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。

看護師でも転職回数が多いと悪いイメージに繋がるかというと、確実にそうであるとは限りません。

自己アピールをうまく行なえば、意欲と経験があるといったイメージを与えられるかもしれません。ですが、働いている期間があまりにも短い場合は、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合もあるでしょう。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるはずです。しかし、途中でちがう進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることも可能になりますが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:勇翔
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる