キボシカミキリと安原

April 22 [Fri], 2016, 11:44
この数年、乳酸菌がアトピー改善に効果があることがわかってきています。

アトピーの起因となるものは様々ですが、感じるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。アトピー患者の大体は腸の状態が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが完治するための方法となるわkです。

実は乳酸菌を摂ると様々な良い結果がもたらされます。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境をより良くします。その結果として、免疫の力が向上し、たくさん健康に対する効果を得られます。アトピー性皮膚炎に良い効能があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いと言えます。

病気のインフルエンザに感染してしまうと学校に出席することが5日間できなくなります。
インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱は2、3日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。



たとえ平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には必要なことです。乳酸菌を必要以上に多く摂取しても別に副作用といったものはありません。


ただそうではありますが、たとえ身体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーオーバーとなることがあります。
体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。
以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が試してみると、大量に食べないと、大して、効果が感じられない気がします。日ごとに1パックぐらい食べて、やっとお通じがあります。



ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムを入れて味を変えてできるだけ摂取するとよいでしょう。
インフルエンザの予防としていいといわれているものに乳酸菌があります。


およそ1年前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというコンテンツを見ました。

うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。


乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。ここ最近の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌にとても効果があるということが分かるようになってきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力が上がって、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽減する効果が高まります。
。この間、インフルエンザに罹患してしまってクリニックに行きました。どれくらい潜伏期間があるのか明確ではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつったのだろうと考えています。高い熱が3日続いていて大変な思いをしました。

インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもの風邪より大変ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タケシ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/airennsetdcsea/index1_0.rdf