林毅夫:中国は毎年8%成長潜在力の前提は社会の安定

May 21 [Tue], 2013, 9:41
元標題:林毅夫:中国は毎年8%成長潜在力の前提は社会の安定3月7日、全国政治協商会議の12回会議で第2回記者会見、6位政協委員は科学の発展を推進し ;などに関する国内外の記者の質問に答えて。一人の外国人記者に英語で中央指導グループ副組長農村部の仕事陈锡文質問後、全国政協委員、北京大学国家発展研究院名誉院長の林毅夫ゲストた現場通訳、図を林毅夫翻訳をやり終えた後で楽しそうに笑ってた。中新が张浩撮影中新社北京3月8日電題:林毅夫:中国は毎年8%成長潜在力の前提は社会の安定の中新社の記者张冬冬私達は大きな潜在力があるが、この潜在力を発揮することができるというのは、社会の安定ドラクエ10 RMT、発展による国民の普遍的なメリット。 ;再当選全国政協委員の林毅夫、昨年6月退任世界銀行のシニア副総裁兼チーフエコノミスト職に北京大学教鞭を執った後に、かつて多くの場で公言して、&ldquo ;未来20年、中国経済は毎年平均は8%成長の可能性、。8日、彼はこの間に受け入れる中新社などのメディアの取材に重ねて言明する。でも、彼は注意して、上記の潜在力を十分に発揮する前提は、経済発展の過程で、収入分配の改善を、根本的に解決する;の方式を双軌制;がもたらした権力寻租や腐敗、。林毅夫によると、中国の改革開放後、労働集約型の企業が急速に発展し、所得格差は絶えず大きく。過去5年(温家宝総理に最近引用の数字は、緩和と、中国が改革開放初期よりも拡大し、確かに非常に多く。;林毅夫から見れば、現在の中国の民衆の社会への不満は、日常生活の汚染などの問題に加え、所得分配、及び関連の腐敗の問題への関係。林毅夫思って、その根源は中国は複線、漸進の方式を改革し、発展を優先させ、改革を与える前に中国の比較優位の資本集約産業の中の大型企業の必要の保護、手当は安定を放して、民営、外資係企業に入って比較優位の労働集約型産業を経済の急速に発展。彼は指摘する、したがって、社会主義市場経済体制の改革は不十分で、金融DQ10 rmt、資源などさまざまな要素が未調整価格、それらを得る価格要素の企業と個人は大量の補助金を得て、しかも部分業界や独占に平等の競争。これらは市場介入、ねじれによって、収入分配の不公平、そして繁殖する寻租や腐敗行為。林毅夫として、長年の発展を経て30、中国はもはや改革初期資本が極端に不足の国に、多くのもとに比較優位の資本集約産業は自動車、装備業など、現在すでに比較優位を持つ。だから、少数を除いてセイコー産業の需要保護手当のほか、許されるはずは民営企業にいくつかの既存の寡占産業。彼は注意して、初めての分配にかけて、また実現公平と利益の統一:利益はそれに比較優位、競争力がある;公平は指要中低所得層を収益成長の速い高所得層の収入の増加、労働所得全体所得分配中の比重が上がって。改革を深化させ、既得権益の問題につながる可能性。;これに対して、林毅夫は、トップ設計から、本格的に社会主義市場経済体制の改革を深化させ、所得分配をさらに充実され、しかもを根本的に解決する;の方式を寻租や腐敗の根源と同時に、も強化監督を強化し、法の執行。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone299/index1_0.rdf