薬を飲んアメリカ女の子へ両眼とも失明して药企判弁償6300万ドル

May 21 [Tue], 2013, 9:36
中央テレビ局の報道によれば< p >アメリカメディア2月15日の報道によると、アメリカ女の子サマンサ10年前に服用ジョンソンの製薬工場の生産の児童のイブプロフェン(鎮痛消炎薬)後で両眼とも失明して、そして全身の皮膚90%やけどドラクエ10 RMTをされる。その両親にジョンソンの製薬工場を訴え、マサチューセッツ州の裁判所がジョンソン賠償6300万ドル。< \/ p >< p >アメリカ『ニューヨークデイリーニュース」によると2月15日の報道によると、2003年、当時7歳の女の子がサマンサ熱があるので、食べたジョンソンの製薬工場の生産の児童のイブプロフェン(鎮痛消炎薬)だけでなく、結果は好転していませんが、かえって高熱、喉の痛み、目が赤い点などの症状に90%皮膚火傷に病院治療後、両眼とも失明して。サマンサ前後の手術を受け230度、視力は戻らない。< \/ p >< p > 2007年、サマンサの両親に訴訟。サマンサの弁護士によると、サマンDQ10 rmtサ服用している薬には、小さな警告が、消費者に注意して薬の存在の潜在的な不良副作用。同弁護士によると、メーカーや小売業者は消費者に隠して服用して、薬の副作用。< \/ p >< p >先日、アメリカマサチューセッツ州裁判決ジョンソングループ対応サマンサや彼女の両親に6300万ドルの巨額の賠償。この事件は現在またの裁判で、最終的には予想さ1.09億ドル弁償する。< \/ p >< p >この前、研究では、薬の服用イブプロフェンの場合は、不正使用可能性の腎臓を傷つける。< \/ p >< p >ジョンソン会社は声明で「児童イブプロフェン、指導のもとで使用して、1種の安全、有効な治療に軽い痛みや熱の薬は、薬の警告ラベルは合理的な。」と考えている控訴。< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone297/index1_0.rdf