日水産庁高官は永遠に止まらない日本捕鯨計画

May 20 [Mon], 2013, 13:06
< p >で新網2月27ニュース外電によれば、水産庁の担当者は、表示され、いくつかのドラクエ10 RMT国が激しく批判にもかかわらず、甚だしきに至ってはいくつかの環境保護団体の武力干渉は、日本は依然として捕鯨やめない計画が、今では、今後もない。< \/ p >< p >を監督する捕鯨産業の林純一郎は、日本の捕鯨業の批判に対して、「日本文化への偏見」に、彼は日本の捕鯨産業の悠久の歴史を持って、日本は島国だから、海で囲まれて、海にとって良い蛋白質は非常に重要な食品の安全性についても、非常に重要な。< \/ p >< p >林純一郎は言います:“私達が言ったことは、すべての人はすべてクジラを食べるべきだが、日本の捕鯨産業の伝統と文化。いくつかの国、例えば韓国、彼らは犬を食べる、オーストラリアを食べるカンガルー。それぞれの意見を保留しないのはどうしてでしょうか?」< \/ p >< p >日本水産庁20日、南極海で日本の調査捕鯨活動の船団母船「日新丸」の準備をして時にされた反捕鯨団体「シー?シェパード」の船舶接触など妨害。< \/ p >p >と<水産庁によDQ10 rmtると、日本時間の20日午前11時ごろから約1時間の中で、「シー?シェパード」の3船に「日新丸」を妨害後者の作業は、少なくとも4度が船体接触。組織の捕鯨日本日本の鯨類動物研究所の広報担当者によると21日が、反捕鯨船「危険行為」は、その船は今しばらく燃料補給できない。< \/ p >< p >は同日、「シー?シェパード」の面では、日本の船はわざと反捕鯨船に衝突した。「シー?シェパード」によると、日本の捕鯨船が当時は南極海で公約禁止捕鯨海域頑張って。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:日本水産庁高官は永遠に止まらない日本捕鯨計画)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone272/index1_0.rdf