アメリカ超三分の一郡県が消えつつある経済不振は張本人

May 20 [Mon], 2013, 12:43
< p >中新社ヒューストン3月15日アメリカ人口調査統計局が発表した2012と週年アメリカ国勢調査のデータによると、全米を超える記録に1 \/ 3の郡県は徐々に消え、人口の高齢化や地元経済不況で、これらの地域の若い人が外出してアルバイトして異郷である。< \/ p >< p > 14日発表の国勢調査のデータによると、全国3143県の中での1135今経験しドラクエ10 RMT死亡数が出生数を上回る「自然減少」。と比べて2009年の880県、大幅に増加。< \/ p >< p >この人口変化を示してアメリカしている上世紀の経済は、大恐慌以来の経済発展が最も遅い時期。同時にも反映して外国人住民の経済がますます著しいの重要性。移民がなければ、労働、ニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ピッツバーグとセントルイスこんなメトロポリタン地区は昨年が人口ゼロ成長またはマイナス成長。< \/ p >< p >の中西部と東北部地域住民の多くの場所で生活数年後、経済の衰退期に耐えられないでストレスを移行経済が発達している地区で、この地区内に移民の関心は日に日に加熱。同時に出現人口の大幅な低下の地域も含めて農業地域や都市遠い郊外部分や、昔は製造業をはじめ、今もういい景の「鉄さび地帯」(Rust Belt)。< \/ p >< p」「これらの県の人口データは切り立った螺旋式の下落傾向。」シニア人口統計学者、新ハンコックブッシュヴィル大学社会学部教授ジョンソン(Kenneth Johnson)によると、「現地の経済、例えば農業、鉱業と工業の萎縮、若い人に高飛びする。退職者集中のいくつかのコミュニティがこの現象もフロリダ州。いくつかの劇的な変化がない限り、アピールできるように拉美裔アメリカ人の肉類加工工場などの再開、さもなくばこれらの地域の人口を経験する可能性はますます深刻な「自然減少。」< \/ p >< p >は昨年、総人口にアメリカだけ成長した0.75%に達し、1937年DQ10 rmt以来の歴史は最も安値を推進する要因は、外国籍の移民とアジア、ラテンアメリカメキシコ若い移民は相対的に高いの出産率。< \/ p >< p >大都市では、ニューヨーク新しい移民入居と転出数平均上位テキサス州のダラス、ヒューストンとオースティン吸引若者で第一、第二位と第四位、現地の恩恵を含む石油と天然ガスの生産を含むマルチプル経済体。(完)< \/ p >< p align=「right」>(元標題:アメリカ超三分の一県が消えつつある経済不振は張本人)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone265/index1_0.rdf