馬:任内なら習氏との面会先に解決しなければならない身分の問題

May 20 [Mon], 2013, 11:59
台灣の馬英九総統7日に出席する場アメリカ学者シンポジウム期間について、台灣の議題を認めて説明するDQ10 rmt。彼を信じて、習近平踏襲対台灣政策を強調し、両岸互いに認めない主権、互いに治権を否定しない ;実質関係ですが、任期習氏との面会なら、事前に身分の問題解決。台灣の馬英九総統7日に出席する場年度セミナー、アメリカ学者の前に、台灣を認め、議題を説明する。馬総統は、文化ドラクエ10 RMT、歴史や血を見ると、私たちは中国人。しかし現実には、92合意;に基づいて、両岸の互いに認めない主権、互いに治権を否定しないで、実質関係。と聞かれ、在任中かどうか習氏と会い、「身分の問題を先に解決。彼も信じて習近平を踏襲対台灣政策、大陸より政治的希望両岸連絡が、これは台灣敏感性。承の両岸関係を創立して、いわゆる政治関係よりもっと重要な。現段階では台灣の最も重要なのは発展をより深く、より広範な両岸関係を棚上げに手を焼く主権議題については、双方の関係を前進させる。8日午前、台灣海峡交流基金会会長林中森率の領海に基づく会高層ケーキ成立22週年祝賀海峡交流基金会、両岸関係の発展を再確認する林中森首の重経済貿易文流と会談し、次回予想サービス貿易協定に署名し、すでに肝心性よじん段階。林:&ldquo中森;両岸が迫る感、みんながいて、相手が進めている人事の改組。人事改造もうすぐ定説、私も最近はよじん。;林中森素直、今度会談開催時間ができる単位までを含む、大陸協会長らと関連する才能確定後人事。鳳凰衛視林秀芹台北報道
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone251/index1_0.rdf