美73歳長者準出資20億ドルを2漫遊火星人の宇宙飛行士

April 29 [Mon], 2013, 10:23
< p >国際オンライン特別によるとアメリカ中文網3月27日総合の報道によると、アメリカ長者デニス?なら托計画は個人出資の形式で、2人の宇宙飛行士を火星に遊びに行く。現地時間2月27日、アメリカ国記者クラブの記者会見で、デニス?托したと発表した。自分のこの個人の計画は、2018年、火星地球から最近の年は、宇宙飛行士を宇宙船に乗って火星。< \/ p >< p < strong >計画:投資20億ドル、宇宙で漫遊501日< \/ strong < \/ p >p >おかげ<この計画を持って名付けて「霊感火星」、今、彼は多くの人の支持を獲得して、曾六回医師として随队登ってスペースシャトルのベイラー医学院副教授约翰森?克罗克。克罗克明らかにすぎなかった情報が、彼にイギリス「インディペンデント」記者会見で、この計画は厳しいが、決して「騒ぐ面白い」「私は早めに漏れないこの計画の内容ですが、これは一つの保証を深く研究の計画。」< \/ p >< p >計画に沿って、2人の宇宙飛行士は宇宙を漫遊501日。目的地に到着した後、彼らは火星飛行に囲まれ、火星の軌道が入らない。この前の火星計画は大量のデータ資料を送ら上陸し、だから今回火星の旅、科学考察の角度からあまり価値。< \/ p >< p >聞くところによると、この計画の投入は15億から20億ドル(約93.5億から124.6億元)に。でも、もし今回の宇宙旅行に行くも、托に収入の一部を提。外部の投機は、彼を売って、テレビやネットメディアの放送権に利益が得られるとともに、単独で大衆に販売と宇宙飛行DQ10 rmt士たちを宇宙の対話のサービス。< \/ p >< p >イギリス国の宇宙飛行の学院の主管安努?奥哈は、ドラクエ10 RMTいくつかの宇宙を富んでファンが集まる、設立を専門に支持の宇宙旅行の基金。「提托のこのプロジェクトは、私は感じは非常に興奮して、これも私の子供のころの夢は、私たちをサポートする必要がこれらの夢基金。」「これは、アポロ計画以来最も偉大な宇宙旅行プロジェクト」。< \/ p >< p >アポロ8号は人類の歴史の初の“地球脱出」の有人宇宙飛行機、アポロ8号の目的地は月、当時の宇宙飛行士の目的地に到着した後、月の回転を十圏地球に帰還。「この計画は前例のない、それを目撃して次の「アポロ時」と、アポロ8号航程6日違うのは、「霊感火星」の宇宙飛行士が宇宙で約一年半にじっとしていて、いっしょに行くことしかできなくて、後がない。」奥は言う。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:美73歳長者準出資20億ドルを2人の宇宙飛行士を漫遊火星(図)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone250/index1_0.rdf