程振山委员:解決三農問題農民は肝心な点

May 20 [Mon], 2013, 11:48
標題:程振山原委员:農民は肝心な点程振山委员インタビュー。中国経済のネットの記者姜帆\/写真中国経済網北京3月8日のニュース(記者姜帆)全国政協委員、新疆ウイグル自治区政協副主席、カシュガル地区委員会書記程振山、記者の取材を受ける時、全面的小康社会建設の重点の難点は農村で、うまく解決三農問題、農民は依然としてキー。彼は、カシュガル地区は農民を足がかりを促進し、農業と農村の発展に、現代農業の発展に新しい突破を実現しました。2012年、カシュガル農民の平均収入5100元で、前年19.4%。カシュガルで農民を核心に提出した農業の発展の262工事。まず強力に食糧安全と水利基礎工事を実施する。次は林果业、農村労働力の移転、特色の栽培、施設農業、牧畜業や綿の6項の農民の措置。すべての郷に各自の優位性を十分に発揮するから、各自の優位性の観点から確定増収の重点プロジェクト。現在、カシュガルが600数万ムーの果樹園、人口あたりの2ムー園、林果业収入はカシュガルの総収入の半分を占める農民DQ10 rmt。が全体の配置と全体的な枠組みを、次の2つの保障を工夫して、科学技術の支持と強化ブランドの建設の保障。現在、カシュガルの実現に農民が大幅に増加するには、多くの技術者に深く農村の圃場地頭、農業生産に多くの指導。また、ブランド構築、カシュガルは初級段階において、彼を助けて当事者が、ブランドの農産物市場シェア拡大を支援し。代表の小さな資料:程振山、男、漢族、1957年5月生、河北高邑人ドラクエ10 RMT、1975年12月、就職7入党1982年月、中央党校の研究生の学歴、全国政協委員、新疆ウイグル自治区政協副主席、カシュガル地区委員会書記。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone247/index1_0.rdf