美の航空会社に败北する乗客体重体重が高くなるほど高い値段

May 20 [Mon], 2013, 10:03
< p >サモア航空(Samoa Air)が世界初の「論斤」を売って航空券の航空会社< \/ p >< p >で新網4月3日アメリカサウスウエスト航空会社「隣の限界を超えて規定」の肥満の乗客が、必要な時に須加購入席れ、乗客は差別を裁判所に訴え。サモア航空(Samoa Air)を受けて太平洋の島国で民衆の体重は年々増え、重さだけとはいくらになるか、世界初の「論斤」を売って航空券の航空会社。< \/ p >< p >台灣ETtodayニュース雲の報道によると、「体重が重いほど、料ドラクエ10 RMT金も高く」の理論、前後して2008年と2012年興って討論。ノルウェー松恩菲オイラー讷学院(Sogn og FjordaneUniversity College)のバタ(Bharat P Bhatta)博士先日指摘し、乗客を乗せて比較的に重くて、飛行機より多くの燃料消耗するので、乗客の体重は依来料。彼は、「体重と空間料金は普遍的受け入れの原則、運輸業にだけでなく、他のサービスもそう。」< \/ p >< p >がサウスウエスト航空先会社「隣の限界を超えて規定要求」の肥満の乗客が、必要な時に須加購入席れ、乗客は差別を裁判所に訴え、サモア航空はビュー太平洋の島国で民衆の体重は、遠い基準値を上回る、しかも年々増加の状況を変えることを決定する政策によって、と体重や荷物総重量は败北するこそ、最も公平なこと!< \/ p >< p >サモア航空執行長ラドン(Chris Langton)によると、「論斤売って航空券」DQ10 rmtとても公平のため、太平洋の島国で民衆の体重より40、50年前の重さ、平均身長も高く、飛行機の座席に変更を余儀なくされ、その1キロ収1キロの金はかなり公平!彼は予想、論斤有料未来の航空会社の販売モデル。< \/ p >< p >が面白いのは、サモア航空旅客でたらめを予防する体重の規定では、乗客がまずインターネット予約する時に登録体重、搭乗前にもう一回確認乗客量、体重はうその。この政策にもいろいろ子どものいる家庭に愛され、子供たちの航空券はそんなに高い!< \/ p >< p align=「right」>(元標題:体重が重いほど料金も高くサモア航空券量り売り(図)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone213/index1_0.rdf