イラン大統領内贾コ被曝に2006年危なくアメリカスパイの銃

May 20 [Mon], 2013, 9:43
< p >国際オンライン特別:俄新社3月22日の報道によると、1本イラン露出によると、大統領内贾コ2006年にニューヨーク国連総会に参加し、アメリカ特勤局名スパイの銃が暴発、ほとんど命中内贾コの乗った車。< \/ p >< p >この書名は『かNULLNULL:政府の秘密の仕事のインサイダー」(Deep State:Inside the Government Secrecy Industry)で、作者はアメリカ記者マーク?安博ドラクエ10 RMTコ(Marc Ambinder)とDB?ゲーラ迪(D.B . Grady)、この本は要旨は『大西洋が雑誌」サイトで。< \/ p >< p >書は、当時のチームを離れ内贾コところマンハッタンインターコンチネンタルホテル(InterContinental Hotels)、1名の特勤局エージェントに座DQ10 rmtって同行内贾コ車台の車の中で。この名スパイデバッグに気をつけて歩いて行けない火銃。本の中で、ホワイトハウス1名の匿名の前に関係者とは「誰も止めて、見てイラン人たちは、私たちを見てイラン人。あの名スパイにあやまり、内贾コ探偵うなずいただけで、あとは車に戻って。」< \/ p >< p >書は、ホワイトハウス役人心配させるわけにアメリカこと内贾コ非難を、彼は、当時ブッシュ政府はイラン圧力は、核放棄計画を求める。不安博コとゲーラ迪は「イラン人は公開され、彼らの瀋黙させてアメリカ役人たちから見直し内贾コ。また、このことはイラン人が言う行事戦略、だからも非常に慎重に。」(柳)< \/ p >< p align=「right」>(元標題:新書露出2006年イラン大統領内贾コ危なくアメリカスパイ銃撃)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone209/index1_0.rdf