日本の女子の麻薬入国マレーシア死刑が執行された

May 18 [Sat], 2013, 19:08
< p」「環球網総合報道」によると「日本経済新聞」3月28日の報道によると、1名の日本人女性が持ち歩いて麻薬入国マレーシア、馬当局は「危険物の不正取引罪」を審死刑。という名の日本人は竹内真理子元看護婦、1審裁判で死刑にされた。今回は二審、クアラルンプール一郊外法廷それを受け継いで、控訴を棄却する。またとマレーシアから三審制なので、同被告人の弁護士は上告。< \/ p >< p」の報道によると、2審の裁判長は法廷発DQ10 rmt表:「見つかっていないことは一審の事実を覆す。」竹内は聞いて判決後、関係者によると「控訴を棄却する判決事前予想していた。」< \/ p >< p」報道によると、竹内は一審からずっと「自分は人気のある人に委託助け手荷物、荷物の中に何があるか分からない。」竹内を訴えて潔白を。< \/ p >< p >ですが、2011年10月下達の一審判決では、法廷では竹内て荷物の中に含め麻薬。発表によると、竹内法廷で述べ機会を獲得できていないどころか、証人の調べもしない。< \/ p >< p >近年、販売麻薬で違反当事国の法律で、すでに数名の日本人は日本以ドラクエ10 RMT外の国で死刑が執行された。2010年4月、日本人は武田輝夫、鵜飼博コ、森勝男が販売麻薬密輸、中国で死刑が執行される大連市;2011年12月、2名の日本人の疑いで中国広東省東莞市販売麻薬8キロに達し、それぞれ中国広東省死刑が執行されたと死缓。< \/ p >< p >読売新聞がかつて文章を発表して注意して日本国民は、中国では、タイ、マレーシアやシンガポールなど16、アジアの麻薬も死刑適用対象は、その外国人にも適用される日本人を含めた外国人。(実習コンパイル:杨杰原稿:王欢)< \/ p >< p align=「right」>(元標題:1名の日本人女子が麻薬で死刑を言い渡されたマレーシア)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone201/index1_0.rdf