李义虎:2013年両岸の民間は引き続き深水区会話は問題

May 18 [Sat], 2013, 15:38
全国人民代表大会、北京大学台灣研究院長李义虎(中国台灣網何建峰撮影)オリジナルタイトル:李义虎:2013年両岸の民間は引き続き深水区問題は対話中国台灣網3月8日ニュース全国人民代表大会、北京大学台灣研究院長李义虎表示、温家宝首相政府活動報告で涉台部分紙面長くありませんて、しかし集約された18大報告台精神を仕事と胡六時 ;いくつかの精神をドラクエ10 RMT、信じて2013年両岸関係の民間レベルでは、いくつかの深水区問題を検討し続けると対話を展開。12期の全国人民代表大会会議今日午後第2回全体会議、全国人民代表大会、北京大学台灣研究院長李义虎入場前人民党会堂外接受本網記者の取材に上記の表示DQ10 rmt。李义虎、総理の政府活動報告を行い、仕事涉台部分の表現は紙面は長くありませんて、前後二つの段落、それが集約された18大報告台精神を仕事と胡六時 ;いくつかの精神について、たとえばその把握両岸関係の平和な発展を堅持し、テーマにフレームと両岸の交流の拡大などの表現。年に2013両岸関係の発展動向、李义虎はこの前両岸の民間はいくつかの政治議題を行ったと対話を検討し、今年は両岸関係の発展の中で、このような民間の交流と対話を深める検討を進め、解決を試みて、両岸関係の中でいくつかの深水区の問題。記者からの質問については全国人民代表大会議案あるいは提案の問題について、李义虎、以前の彼もいくつかの提案を提出したが、今回の大会は関連提案提出が完璧で、現在も、不便によると。(中国台灣ネットの記者何建峰)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone175/index1_0.rdf