ロシア隕石かけら価格は超黄金40倍現地を浚う石熱

May 18 [Sat], 2013, 13:50
< p >で新網2月19日シンガポール《聨合早報」によると19日の報道によると、ロシア科学者は車の中で雅賓斯コネティカット州切りバル庫利湖の近くで見つけたのが、15日墜落した隕石のかけら。隕石のかけらからゴールデン40倍高いので、現地でのブームは「隕石熱」。< \/ p >< p >ロシアウラル連邦大学の科学者は切ってバルクール湖週辺に見つから53ブロック隕石のかけら。ロシア科学院隕石委員会のメンバーからウラル連邦大学のグロ霍夫斯に基づく「確認観測隊を切ってバルクール湖地区の物質を隕石属性。この隕石は普通の球技隕星、鉄の含有量は約10%。」彼の提案は隕石名付けて「切りバルクール隕石」。< \/ p >< p >の科学者らによると、隕石空中爆発後、約七かけら散るに分けて、その中のひとつに切りバルクール湖、壊した直径約8メートルの氷の穴。氷の穴の近くにはたくさんの黒い固体小さなかけら、隕石のかけら直DQ10 rmt径は0.5から1センチ。< \/ p >< p >隕石15日早朝、距離は約1500キロのモスクワ東部地域4000ウラル転落し、多ドラクエ10 RMTくの建物が主導して約1200人がけがをし、及び約10億ルーブル(約4100万新元)経済損失。< \/ p >多くの人が< p >後に現地へ砕氷踏み雪隕石かけらを探して、1グラムからかけらの価格だといわれてガンダム6.6万ルーブル、相当同量金価格の40倍。< \/ p >< p >現地インターネットも出て売り込み隕石のかけらの広告が、これらの「隕石のかけら」の真実性は確認できない。< \/ p >< p >ロシア科学者によると、隕石大気圏に突入する前に重さ約10トン、大気圏突入、毎秒30キロのスピードで墜落し、距離は地球の表面を約40キロ分解。シベリアツングースカ地区1908年も隕石衝突されたことに2000平方キロメートルの面積は深刻な破壊され。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:ロシア隕石のかけらは価格が高くゴールデン40倍で「誕生石熱」)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone161/index1_0.rdf