俞敏洪委员:北京大学は「北京人大学」

May 18 [Sat], 2013, 12:45
標題:俞敏洪原委员:北京大学になることができません&lsquoです;北京人の大学’;北京大学になることができません&lsquoです;北京人の大学’;;俞敏洪委員提案募集割合推進調整名門大学入試の公平さ新華網北京3月8ニュース(記者赵仁伟万一全国各省市の重点大学での合格率の違いは巨大で、深刻な損害を与えた大学入試の公平。;全国政協委員、新東方教育科学技術グループの会長兼CEOを受け俞敏洪新華社記者とのインタビューでDQ10 rmt、全国重点大学を押せ各省市の実際の受験者数と比例配分入学定員。俞敏洪として1名の教育分野の政協委員、今年準備の提案は入試の公平さの推進について。現在、多くの省と市の大学入試の政策を打ち出して異郷、北京、上海、広東ドラクエ10 RMT、天津など流動人口も多く、最も社会の関心の省市、公布した異郷の大学入試の敷居の高い案は、大多数の子女に遷閉め出し、多くの期待する親と受験生を上げて頭金失望を感じる。で京滬広津などの教育の主管部門にとって、異郷の大学入試の政策の制定に直面している&ldquo難しい選択 —;;—異郷の大学入試の高いハードルは保障できない子供に遷と入学受験機会にかけて、お父さん;盛んだが、敷居が低く、は招く大学入試が大量移民し、現地の学生の教育資源と大学入試の機会に、新たな不公平を引き起こす。したがって、より現地で試験に参加する権利は、人々はもっと注目も最も感の不満は京滬広津優越の名門校入学のチャンス。;俞敏洪ために、上海広津持った全国重点大学の数よりも多くの省、大学は採用枠普遍所在地の傾き、重点大学でこれらの地区の合格率をはるかに超えて他の省区。ユーザーが通りをからかってたように、北京の大学はすでに&ldquoです;北京人の大学;、復旦大学はすでに上海人は大学の、。俞敏洪と言っても、全国範囲については、現在の大学入試の政策の不公平で、主に2つ、1は全国重点大学別省区市の間に合格率の大きな違います;2は全国重点大学の都市部と農村部の進学予定者の割合の深刻な失調。都市と農村の間で、違う省区市間教育資源のアンバランスにより、大学入試と合格の機会の不公平、ひいては、都市部と農村部の進学予定者の割合が深刻な大学生の不調、大学受験移民;あとを絶たない、必死にお父さん;盛行と学生募集の腐敗などさまざまな影響を教育の公平な現象。受験者数根拠と比例配分入学定員は、問題解決の有効な方法。;俞敏洪提案、全国高校受験者数(実際には受験生の戸籍を準)と比例配分各省市の入学定員。このような定員分配方式が違う省平等の採用率を持って、すべての受験生の合格の機会を与えて同様に、有効に解決可能、地域の教育レベルの違いによる募集機会や入学の機会の不公平問題。俞敏洪も提案、国は、制定の具体的支援政策を着実に投入、人力、物力を強化し、教育の貧困地域で特に広大な農村地域の教育資源の配置の仕事を徐々に縮小、教育資源とレベルの地域格差と都市と農村の格差を根本から解決教育の公平性の問題。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone152/index1_0.rdf