日本大地震の後に2年3-11缶詰食品も歓迎

May 18 [Sat], 2013, 11:44
< p >で新網3月9日日本共同通信の報道によると、江崎グリコ会社のクリームピーナツ入りビスケット「Bisco」、日清食品会社のインスタントラーメンの「チキンラーメン」などの賞味期限の長い缶詰食品として人気の応急。「3.11」は東日本大震災で今から二年近くが、消費者は手元に用意して万一缶詰食品。< \/ p >江崎グリコ< p」よりも「2007年発売Bisco保存の缶詰」。同社の吸収、阪神DQ10 rmt大震災の経験が開発に着手して被災者に有用な商品を密封し、缶詰を賞味期限から通常の1年延長5年。< \/ p >< p >聞くところによると、東日本大震災の後、「Bisco缶詰食品保存」として注目され応急。80年の歴史を持つ「ビスケットBisco」シリーズの総売上高は2011と2012年度に引き続き新高値。会社の広報担当者は「消費者の希望を持って応急食品を熟知する味。」< \/ p >< p >日清食品も開発缶の「チキンラーメン」や「カップヌードル」は、通常5〜6ヶ月の賞味期限を延長3年。地方政府や企業を受け取ってから多額の注文は、一般消費者向けの販売数ドラクエ10 RMT量限定。次の予定5月上旬のネットショップで販売。< \/ p >< p >伊藤園会社を製造過程で酸素尽力排除は、2011年秋から成功は缶野菜飲料「充実野菜」の賞味期限を延長1年から2年、2012年の販売台数は、対前年比約1倍。同社では「被災に便利な栄養を補充して」。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:「3.11」大地震の後に2年も日本で売れている_缶詰食品fin)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone142/index1_0.rdf