政治協商委員社会主義民主制度を健全について協議

May 18 [Sat], 2013, 10:09
標題:元政治協商委員社会主義民主制度を健全について協議新華社北京3月8ニュース(記者林晖、张艺)全国政治協商会議の12回会議3月8日両会ニュースメディアセンターで行われ、テーマは社会主義民主制度を健全協議;の記者会見、5名の全国政協委員記者の質問に答える。記者会見に出席した政治協商委員はそれぞれ:11回全国政治協商会議の歴史文献?と学習委員会駐会副主任卞晋平、93学社中央常務副主席邵鸿、民政部副部長姜力、民革中央委員会は、広報部吴先宁、無党派人士、北京市人民検察院副検事長甄贞。卞晋平:建設中国特色のある社会主義民主制度卞晋平協議と協議の民主制度と異なる利益集団協議の民主は話し合いによって社会の課題の解決の方法。中国民主で協議生まれ、発展の過程で参考と参考にいくつかの国のやり方と西方の民主制度がいくつかの似ているところも自分の特徴。彼は紹介して、似ているところが表現:会話で行く代わりに対抗と対立が平等の基礎の上で尊重の利益は1種の区別をできるだけの社会の調和がとれている。しかし中国の協議の民主は中国の国情の産物で、文化の背景は他の国との違い。卞晋平を思って、私の国は自分の国情と実際の必要性を探って、協議の民主制度を確立し、発展。それぞれの国の民主形式、文明の形式の間が相互理解と相互参考できるが、ないより簡単。邵鸿:特定のテ-マの提案協議が大きく改善され邵鸿答えに関する提案協議の質問に、11期の全国政治協商会議の特定のテ-マの提案協議以前の3つの方面の改善。一は増えた協議の回数は、前回から48度58度増加します;2は提案委員会としての召集を推進協議会単位有力とか単位と委员の間の深さにインタラクティブ、もっと実質的に協議を引き受けて;3は提案の協議ととか単位の共同研究の結合。邵鸿DQ10 rmt、この提案を取得した58場協議会が積極的な効果は、例えば中小企業の負担を軽減、出稼ぎ労働者と高校の卒業生の就職、発展養老サービス業、食品管理などの問題を実際の仕事の発展を推進した。邵鸿表示には、提案まで必要経験を解決し、長期の過程。協議の更に効果を保証するために、多くの方面の仕事は努力が必要な方法をさらに推進協議を実質的に更に十分かどうかインタラクティブ、協議社会に公開されるなど、より重要なのはどのように本当の協議後辦理部門が採択。吴先宁:さらに発揮民主諸党派参政権作用吴先宁と民主諸党派参政権の作用に言ったとき、民主諸党派参政権がの意見と提案をカバーする範囲が広くて、内容は政治、経済、文化、社会、生態文明の建設など各方面、各レベル。また、民主党は政治協商会議の参政権がそれぞれの重点、それぞれ特徴があって。吴先宁として、民主諸党派参政権の効果を見るとドラクエ10 RMT、分けて3種類の情況は、実装され、二三は重視され、注目を集め。例えば、彼によると、民革中央続けた数年アピールし創業板、いろいろな意見や提案、ついに2009年に実現する。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone124/index1_0.rdf