中央銀行の副総裁:GDP成長目標は科学的に制御CPI自信がある

May 16 [Thu], 2013, 16:38
全国政協委員が、中央銀行の副知事の潘功胜グループディスカッションでは政治協商会議。中国網孙鹏浩摂オリジナルタイトル:中央銀行の副知事の:GDP成長目標は科学的に制御CPI自信がある中国網3月8日のニュース(記者吴琼静)3月5日、温家宝首相の政府活動報告では、今年の経済成長を予想目標を7.5%頃、住民消費価格上昇制御3.5%ぐらいで、マスコミはどうあるべきかを解読して大きな話題となって、この二つの重要な経済指標は、中国網記者のインタビューは全国政協委員が、中央銀行の副知事の潘功胜。相談GDP:兼顾稳成長と構造調整潘功胜委員は、この2つの数値目標は、区間の概念、今年政府活動報告において、GDPの目標は、CPIの目標は、数値の確定はとても科学的な、とても適当な。7.5%のGDP成長率は配慮した中国経済発展の需要と同時に、経済構造の調整、考えが変わって経済成長パターン、経済成長の質の需要を高める。潘功胜委員は、これを求めて1つの比較的にバランスの成長レベル:まず、中国はこんなに大きな国は、適度な成長がなければ、多くの問題の解決が難しい、就業、所得水準の向上、そして民生の改善、一連の問題が一定の成長を保証する。しかし同時に、もし成長目標は高すぎて、また経済構造の調整、経済の質の向上に一定のマイナス影響を生む。だから、それが中間をバランス7.5%ぐらいは1つの比較的に科学と適切な指標。相談CPI:必要警戒入力型インフレ目標を実現するに自信があるといえば、今年の目標CPI利得、潘功胜委員はドラクエ10 RMT、現在アメリカを含めDQ10 rmt、日本を含め、主要な経済政策の緩和量的に中国を含む発展中の経済体势必ずいくつかの影響による。これに対して、多くの金融機関や学者もいろいろ討論して、たとえば、量的緩和が押さ国際バルク商品の価格は、それによって発展途上国に対してインフレを発生入力性、国際資本フローの波動性、同時にも増強は通貨政策の難しい操作。潘功胜は、中央銀行の国際資本フローの状態を強化し、検査、通貨政策を活用し、ナンピン変動の影響を受けCPI利得制御の目標はがあり、やはり自信に満ちて。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone114/index1_0.rdf