江蘇百干警が注射されるワクチン10責任人所

May 16 [Thu], 2013, 15:49
標題:江蘇省常州百元干警が注射されるワクチン10責任人所で新網常州3月8ニュース(記者唐娟江蘇省常州)武進区百余名干警や補助警察注射されるワクチン事件が過去7日後、武進区は同事件処理意見を出した。8日、武進区宣伝部と宣言するがワクチン事件発生後、武進区指導者に重視し、迅速に指示する関係部門はこの事件を真剣に調査し、責任を粛々と処理する:2名の主要な責任を与える免職処分を負って、その他の直接責任、指導者の責任者の8位それぞれの行政记过、党内の警告などの処分。3月1日、常州武進区550名の警察や補助警察麻疹ワクチン接種、一人の警察はついに発見して、彼らのワクチン注射も病院にはすでに期限が切れて、その後、警察、Twitterでこのニュースを発表した。微博経大量の転載を誇り、国民の関心が。武進衛生局によると当日からの調査結果によると、注射の期限切れが65ワクチンの接種130人、いずれも警察官と補助警察。この間、同事件の調査チームを紹介してドラクエ10 RMT、当日のロットのワクチン马杭衛生院に入った後、に従っていないワクチンの貯蔵DQ10 rmt、管理を実行して定期的に追及と要求が廃棄制度が期限が切れた後も、貯蔵冷蔵庫内、今回出庫時や注射は審査照合しない前に一緒に重大な責任制度は、医療事故。武進衛生局の紹介によると、事故発生後、組織の専門家がワクチンの接種対象者を規定の時間の医学観察、未発見の重大な異常反応。現在、同局の組織発展全区ワクチン精査仕事を強化する安全使用と管理の諸規定を根絶して、このような事件の発生。(完)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone106/index1_0.rdf