アメリカ1名の高校生はコンタクトレンズをほとんど失明左目

May 16 [Thu], 2013, 15:00
< p >□朝刊記者钟子娟総合報道< \/ p >< p >コンタクトレンズはたくさんおしゃれな女史の「毎日友達」。しかしもしコンタクトレンズの不正使用は、深刻な病気につながる可能性の眼科。イギリス《デーリー?メール」によると27日の報道によると、アメリカ高校生から装着時うっかりコンタクトレンズに感染した寄生虫、左目はほとんど全盲。< \/ p >< p > 18歳のアシュリー?ハイドはアメリカフロリダ州の1名の高校生。最近、彼女は感じ左目が赤くて、そして明らかな刺して、病院へ検査。最初は、医者も分からないハイド何の病気。ハイド、苦痛の診断を経て、医者がついに決定、彼女に感染したアカンタアメーバ虫、角膜がこの寄生虫に飲み込まれ。< \/ p >< p >アカンタアメーバ虫は一種の小さな単細胞アメーバ、ホコリ、海水、浴槽とプールで発見された。長期コンタクトの使用人なら眼鏡の衛生に注意して、このような寄生虫の浸食を受けやすい。アカンタアメーバ虫が、目のかゆみ、角膜を食い尽くし、涙、目のかすみ、恐らく光、まぶたが腫れて、しかもとても痛み。数月の前にイギリス1名の28歳の女子ジェニー?ハーストは、コンタクトレンズをつけてい水泳、目の感染による寄生患上たアカンタアメーバ性ドラクエ10 RMT角膜炎、最終的には片方の目が不幸を失う。< \/ p >< p >現在、治療アカンタアメーバ性角膜炎の方には殺菌性点眼液は、患者しなければならない昼夜兼行20分ごとに1回点眼液滴、最悪の角膜移植を必要と。ハイドの医師は、彼女を経なければならない数ヶ月の治療は、左目の可能性が高いと光を取り戻す。< \/ p >< p >この寄生虫の予防、眼科医アダム?カラット林提案を使って日使い捨てタイプのコンタクトレンズ人々。「毎日の使い舎てて、翌日更に交換して、これは最も安全で、最も健康の方式。」< \/ p >< p >カラット林が追加、コンタクトレンズ装着時ないよう注意清潔衛生だけではなく、感染アカンタアメーバ虫のリスクもあり、患上眼科の疾病の他、「病院で、私たちが毎日見られるからコンタクトレンズの不正使用して感染や合併症になってしまっ、潰瘍など、それらが失明につながる可能性。」< \/ p >< p align=「right」>(元標題:美高校生DQ10 rmtのコンタクトレンズをかける冒険失左目)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone098/index1_0.rdf