北方は大幅に温度を下げるの京津などで砂や塵煙霧

May 16 [Thu], 2013, 14:48
標題:元中央気象台や砂嵐発表寒波警報新華網北京3月8ニュース(記者董峻)中央気象台8日夜発表寒波アラートと黄砂い警報。強い寒気の影響を受けて、期待して8日20時10日20時、北西部及び地域の大長江中下流以北の気温は下がって6℃—10℃。その中で、新疆北部、内モンゴル中西部、華北、黄淮北部、東北地方南部の一部の地域の範囲の温度は12℃—14℃です;淮河以北は5—7級北寄りの風、我が国東部海域が7—9級大風。またDQ10 rmt、8日20時20 9日に新疆ウイグル自治区、甘粛、盆地の中西部、内モンゴル中西部、陝西の中北部、寧夏省、山西省、河北の中北部、京津などで砂や塵煙霧の中には、新疆ウイグル自治区盆地東部、内モンゴル中西部地方が砂嵐。気象専門家は人々に注意して、注意を衣保温、生産の上からは大風が温度を下げ天気の防御に準備し、扉と窓は、围板、棚のそこここに、仮設物などの風が構築されやすい物固きつくて、適切に安置されやすい大風の影響の屋外物、防風砂防準備でき、早めの扉と窓を閉鎖し、注意マスク、スカーフなど防塵用品、低視認性、運転者を制御速度。予想8日夜、北京市は土煙;9日午前ドラクエ10 RMT、風はだんだん大きくなり、10時前後の夕方6級ぐらい北寄りの風、風は78級、そして伴って砂塵;风后気温低下7℃—9℃で、9日夜平原のほとんどの地域では最低気温はシスー1℃ぐらいまで下がって。春は我が国の黄砂が多い季節。黄砂は主に分布北の地方では、その新疆ウイグル自治区盆地、内モンゴル中西部、寧夏回族自治区、甘粛省北部や西部はチベット多発区、黄砂日数は普通は5日ぐらい、局地10日を超えて。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone096/index1_0.rdf