日研発日本語が話せるロボット準今夏を国際宇宙ステーション

May 16 [Thu], 2013, 14:22
< p >で新網3月4日日本新華僑報網4日の報道によると、近年、日本のロボドラクエ10 RMTットの開発を推進し、各分野で幅広く利用を促進するロボット。最近は、トヨタ自動車などのグループが開発した日本語がロボットを計画し、今年の夏は国際宇宙DQ10 rmtステーションに送る。< \/ p >< p」報道によると、今年の夏に、日本語が日本製ロボットが国際宇宙ステーションに送られる(ISS)。これはしゃべるロボット初の宇宙旅行に行く。宇宙ロボットに運ばれた後は、今年の年末から殘ってからの予定ISSの宇宙飛行士の若田光一さんと一緒にやり対話などの方面の実験。< \/ p >< p >このロボットは、トヨタ自動車、電通、東京大学、ベンチャー企業「ロボット倉庫」の共同の「希望ロボット課題チーム」を開発した。ロボットの身長34センチ、重さ約1キロ。研究チームによると、機械」を「希ロボット」。< \/ p >< p >このロボットは識別して、対話の動作音を通じて操作できるほか、リモコンを見分けて話を搭載した人の顔のカメラ。研究チームは宇宙を獲得したいという悪条件制御ロボットの経験に達し、地上での普及と同じ種類のロボットの目的。< \/ p >< p >聞くところによると、2011年アメリカ航空宇宙局(NASA)とアメリカゼネラルモーターズ(GM)は協力開発宇宙の搬送ロボット「ロボットノート2」ですが、このロボットは上半身だけが作業。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:日語が話せるロボットを開発する国際宇宙ステーション_搬送使用fin)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone092/index1_0.rdf