日準原発安全基準の中に新しい竜巻評価

May 16 [Thu], 2013, 13:45
標題:元日本準原子力発電所の新しい安全基準で評価に新たに竜巻新網3月8日日本共同通信の報道によると、日本の原子力規制委員会8日開催する原発新しい安全基準の専門家会議を提出した竜巻が原発に影響評価の方法の草案。結合過去の観測データと地形の特徴は、委員会の各原発希望設定可能性の最大級数竜巻を確保するため、安全上重要な設備がない。新しい安全基準制定予定は現在、竜巻として考えるべき&ldquo ;の自然災害;初めて。原子力発電所付近で過去を考えて起きた竜巻規模ドラクエ10 RMT、最大風速や発生回数を設定する確率極小が起こるかもしれない&ldquo ;標準型竜巻、。同委員会の要求標準型竜巻の風速未満ない過去の日本の観測で最大規模の竜巻の風速(毎秒92メートル)。また、それぞれ違う考え原発地形に竜巻威力の増幅効果、標準では最大風速など設定より大規模な設計型竜巻、。委員会の要求にも設計型竜巻DQ10 rmt、にせず風圧や風に巻き上げられた自動車は原子炉建屋や非常用発電機などへの影響。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone086/index1_0.rdf