アメリカアザラシ突撃隊の女性隊員除隊後の家政婦

May 16 [Thu], 2013, 13:07
< p >で新網2月6日電総合の報道によると、昨年アメリカニューヨーク市で起きている家政婦殺し雇用子女の惨劇を解決するためには、家政婦得体の知れない問題で、アメリカ海軍アザラシ突撃隊1名の引退大尉が創設した1家の特別な家政婦を会社、アザラシ突撃隊が引退の女性隊員の家政婦。これらの女性兵士百戦錬磨を、素早く危機対応のため、親はすこぶる受け歓迎。< \/ p >< p」の報道によると、「策略家政婦」は会社の43歳の創業者の吉利不安、多くの親は、採用の家政婦の方面费大劲は見つからないの候補者、彼らの会社の家政婦に有益さも背景資料、しかもベテラン。< \/ p >< p >吉利不安は「これらのアザラシ突撃隊の家政婦代わりに子供のおむつ交換になると弾倉」。彼女たちの訓練を受けは自分の命を犠牲するすべての人、子供を含む。< \/ p >< p >が、雇用アザラシ突撃隊の家政婦の代償は安くはない、少なくとも週給を1500ドル(約人民元9346元)。また、親も可能「心的外傷後ストレス心DQ10 rmt配退役軍人症候群」。< \/ p >< p >吉利安によると、彼は会社の傘下にすべての家政婦が全面的に軍の背景の審査報告など、家ドラクエ10 RMT庭の背景、受講を記録し、服役期間にあったいかなる状況等について。そして、家政婦に銃を決め、雇用者か。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:美アザラシ突撃隊の女性隊員が退役高給家政婦受け親歓迎)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone080/index1_0.rdf