中国科学院の党副書記会場問代表:あなたの幸福ですか?

May 16 [Thu], 2013, 9:57
中国科学院の党副書記方新原標題:全国人民代表大会の代表は、中国科学院の党副書記方新会場質問:あなたは幸せですか?;過去5年に各方面は大きく進歩して、しかも大きく成就が、我々人民の幸福感は同期で成長?;昨日午後の北京団代表チームの会議で、全国人民代表大会の代表は、中国科学院の党副書記方新投げ幸福感;問題で、代表たちの思考を誘発しました。あなたは幸せですか?;側新説、この時間を作ってくれた少し調査。特に言う幸せは北京でやるの装飾の出稼ぎ労働者で、彼らは本当にいいと思い、今を払ってない、まだ手当、学校でお金は、診察農合、年金。60後、70後の農民工を1年でし2万元、アルバイト八年十年帯を20万回を実家に、いいと思い。でも今は違う、ますます多くの80、90後農民工、希望社会にアルバイトをして以降、実家に帰る。例えば、深セン、一年省で2万元、家を買う半平方メートルも買えない、やって何年もない人間関係ドラクエ10 RMT、後で社会に再開発にとても困難で、彼らは感じて見えない希望。私も聞いて私たちの年科学技術者として、彼らは一方では自分の好きな仕事は非常に幸せな、しかし、子供について幼稚園、住宅などの具体的な問題には、そんなに幸せと感じて。;&ldquo ;正直これらの年で最も急速に成長の住宅価格は、もし別の家、多くの人が生活に問題はないDQ10 rmt。しかしもし家に加えて、誰もが足りない。;側新説さえすれば、家を買うの圧力に加え、本当に圧力山の大;、若者が結婚相手を探しても見つからない。だからと住宅価格は幸福に比べられない。ここを耳にして、多くの代表はしきりにうなずいた。どう解決しない幸せの問題ですか?方新提出、総理の報告は、過去数年間一方財政年平均成長20%以上、1人当たりの平均所得は年平均増幅10%だけで、2011年は農村の一人当たりの平均収入増加率は11%程度、殘りの都市と農村のこれらの年の数字は10%以下。つまり財政が急速に増加するとともに、一人当たりの平均収入は同期で成長。人はなぜ心はいつもバランス?一は国家の増収個人増収より早く二はいくら収入増加よりも、や物価はだめだ。この&ldquo解決したい、幸せではない;の問題は、特に注目される所得分配の不公平、所得分配制度の改革を加速。一次分配中の比重労働所得の増加、企業の増加の労働者の賃金、本当に労働を通して、創造を通じて送ることができるが、体面の尊厳の生活。租税体制の改革を深化させ、税率の調整は、特に中小企業への負担を軽減。国強と同時に、もっと富民。;本紙記者张楠
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone053/index1_0.rdf