李再勇:推進市の都市部と農村部の同城を二重構造難題

May 16 [Thu], 2013, 9:38
標題:元李再勇:推進市の都市部と農村部の同城を二重構造難題人民網北京3月8ニュース(記者马丽娅)近日、記者は貴陽市進んで新型都市化の過程の中で存在の主な難点 ;などに関する話題にインタビューした全国人民代表大会の代表は、貴陽市市長李再勇。李再勇は、貴陽市都市化の過程の中で主要な推進して以下のいくつかの問題は都市と都市と農村の&ldquo ;二つの二重構造を強調;。都市からの二重構造を見ると、スラム城中村より重大、都市部住民の就職が十分でないと、生活環境の質が高くない、所得の低レベルの都市部と農村部の二重構造から見て、政府の基本公共サービスのレベルは低くて、都市農村住民の所得の格差が大きい、農業産業化のレベルが高くない、農業労働生産性が低い、農村危房は重大で、砂漠化が深刻な。二は町の政府の公共サービスの基盤が弱い、満足の都市部と農村部の大衆、教育、医療、治安や雇用、住宅、社会保障などの基本的な需要の機能が強くない。特に流動人口の増加に従って、政府は流動人口を提供する同町の待遇の任務はますます重く。三は都市の帯の動力、積載力が強くない。町の総合的な支持力が弱い、新型工業化、農業の現代化、情報化及び現代サービス業の発展の要素の配置の力、支える力や労働へ移転の受け力が弱い。上記の新型都市化に直面した問題は、貴陽市はどのように解決しますか?李再勇与えた彼の答えはやり遂げて疎し旧市街;、解読都市の二重構造。都市のスラム街、城中村の改造と保障性住宅の建設、居住環境の改善、完備都市教育ドラクエ10 RMT、医療、治安や雇用、住宅、社会保障などの公共サービスの機能を高め、都市の公共サービス力、労働力で受け力移転及び各種発展の要素の構成力。2は建新城;開拓都市発展空間。重点を二環四路都市帯;を重点とする三区五城五帯;計画建設、都市の総合的な支持力アップ。2020年まで、都市建設面積を広く開拓572平方キロメートル、人口600万以上が集まって。3は、一体発展を同城市、都市部と農村部の二重構造。市区町の間の都市として幹線道路建設力を推し進め、都市の基本公共サービス要素の延長とで覆われ、都市化の建設を加速。&ldquoします;私達は2つの重要な段階的目標はDQ10 rmt、&lsquoをめぐる;経済実力が強く、生態環境は良くて、幸福指数が高い’の要求2015年まで、全省で率先して全面的小康実現する;2020年全面的に完成し、緑色の経済の飛躍、幸福指数が高い、都市と農村の環境は心地良くて、生態文化普及、生態文明の制度が整った全国で生態文明モデル都市;、李再勇表示。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone050/index1_0.rdf