ヨーロッパ衛星は宇宙の端まで測る日本大地震音波

May 16 [Thu], 2013, 0:21
< p >で新網3月11日外国メディアの報道によると、日本の「3& # 8226;11」大地震の日を迎え11 2週年記念日。新たに発表された研究報告によると、宇宙の端にさえもかつては「感じる」2011年までのあの大地震。報告によると、2011年日本地震の約30分後、ヨーロッパ宇宙局の地球重力場と海洋の環流探査衛星は今回の地震探査まで発生の音波で、これも衛星初めて地震音波信号検出。< \/ p >< p」報道によるDQ10 rmtと、大地震が発生する人の耳が聞こえない低週波音波、これを得た科学界の公認。ただし、「3& # 8226;11」大震災以前から衛星検出しない、という音波。ヨーロッパの航空局の地球重力場と海洋の環流探査衛星は地表距離255キロの軌道上。そのに搭載した機器の感度より程度が全て過去の同類の衛星100倍高い。科学者によると、かつて2度探査衛星「3& # 822ドラクエ10 RMT6;11」大地震発生の音波。< \/ p >< p >聞くところによると、科学者達は昔から宇宙から研究地震、彼らを利用して描いて地殻がレーダーによる変形断層が破裂し、音波探知は1つの比較的新しい研究領域。< \/ p >< p >は日本「3& # 8226;11」大地震のほか、先月隕石ヒットロシア車に亜賓斯コネティカット州、同衛星をとらえた可能性も相応のオーディオ信号。現在、欧州航空局の科学者はデータの濾過を行う。< \/ p >< p >欧航空局の地球重力場と海洋の環流探査衛星の燃料が切れて、その任務も終わりに近づいた。同衛星予定は今年11月に退職する。ヨーロッパ航局とその成功は定年する前、それまで下がる地上230キロの軌道上を集め、試しに地球の重力場の詳細情報。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:研究によると宇宙探査衛星はかつて「3& # 8226;11」の地震音波_ fin)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone044/index1_0.rdf