呉:抵抗を自ら発見法規を促す憲法改正廃止

May 16 [Thu], 2013, 0:05
呉:五原則を堅持し、民主集中制、法に基づく手順を踏む。わが国の憲法の規定では、国の機関を実行民主集中制の原則。人民は国家権力機関で、統一国家権力を行使し、国家行政機関、裁判機関、検察機関、人民代表大会が担当され、それに対して、それを監督。全国人民代表大会とその常務委員会によって憲法と法律の規定に基づいて、党の主張と人民の意を通じて、法律の制定、決議を採択し、国であり、そして監督憲法と法律の実施、監督として&ldquo ;府両院;法に基づく行政、公正司法。私たちが正しい処理人民代表大会と&ldquo ;府両院;の関係は、法により履职やり遂げて、職責を果たすが代行行政権、裁判権、検察権を保証し、各国家機関の党の指導の下で、それぞれ職責と分業によって、協調発展を共同建設のために働いて、中国の特色のある社会主義のサービス。具体的な仕事の中で、注意の強化と&ldquo ;府両院;なコミュニケーションを共同研究して解決する立法に存在する主要な矛盾や問題DQ10 rmt、法執行機関の検査、特定のテ-マの調査、計画と予算決算予備審査中に発見した問題について意見を交換すると、常務委員会の構成員の審議意見を1府両院 ;研究処理を要求し、法により常務委員会の報告研究処理結果に対して法規;届出審査で発見された同憲法と法律に抵触する問題、タイムリーなコミュニケーションを強化する機関協商、意見を提出し、自ら改正や廃止を促す。実踐の証明、人民代表大会が法により強化監督、&ldquoに役立つ;1府両院;仕事の改善を推進する国の各仕事法治化; &ldquo ;府両院;自覚をもって人民代表大会の監督ドラクエ10 RMT、有利の法に基づく行政、公正司法を保証し、人民に与えられた権力が終始人民をの利益のために用いられる。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone042/index1_0.rdf