サウジアラビア政府研究廃止宝剣首を刎ねる変更銃殺執行

May 15 [Wed], 2013, 22:01
< p」「環球時報エジプト駐在特派員黄培昭】サウジアラビアは、これまで世界で唯一のまだ公衆場所で剣を首を刎ねるの方式の死刑執行国家で、しかし、これを受けて外部不評の執行方法が変わった。サウジアラビアの『今日』紙によると11日の報道によると、サウジアラビア政府検討廃止宝剣首を刎ねるの方法を改め、銃殺執行、あるいはその他の良い方法」。< \/ p >< p〉地元メディアの報道によると、DQ10 rmtサウジアラビア政府が成立し、内政部、衛生部、刑務所本社、安全局、調査総局などの単位の合同委員会は、共同研究の宝剣殺人の弊害を考え出し、代わりの方法が例えば銃撃、注射毒物あるいは他の方法。サウジアラビア、執行の死刑囚はずっと剣で首ドラクエ10 RMTを刎ねるの方式と。「環球時報》記者はサウジアラビアを取材したとき、首都リヤド都心で斬首発見した死刑囚で知られる広場にになって、甚だしきに至っては独特の「スポット」。アラブのメディアの報道によると、殘る斬首の伝統、サウジアラビア人斬り職が生まれて。ちょっと人斬り刀技など、手法は尋常でなくて、現地でいる。でも、あまり斬首場面です、人斬りとこの執行方式も激しい非難を浴び。< \/ p >< p」『今日』紙によると、西方の国だけではなく、サウジアラビアさえ自国の人権組織も斬首のやり方に反対する。特に、灣岸のいくつか国家キャンセルが相次いで首を刎ねるのやり方の後、サウジアラビアに更なる「矢面」。前は2年前に、サウジアラビアの有名な作家瓦布利はかつて「砲撃斬首方式」、「殘忍非道さに欠ける、人間性を指摘」。瓦布利とは注射の方式に首を刎ねる。この観点からたくさんの方々に支えられて。また、人斬り人手が足りないので、サウジアラビアの変更も処刑方法の1つの原因。報道によると、正式の取り締まりに首を刎ねるのやり方を前に、サウジアラビアの内政部は授権地方省の指導者、自ら決定するかどうか、死刑囚を銃殺執行。サウジアラビアの最終的に选択してどんな種類ののってするには、中央政府のマクロ調整や処理後に統一の要求。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:サウジアラビア政府研究廃止「宝剣首を刎ねる」の死刑執行方法)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone025/index1_0.rdf