法の息子911とシャツを着て女子の罪に問われた裁判の崇拝犯罪

May 15 [Wed], 2013, 19:29
< p >で新網3月8日外国メディアによると7日の報道によると、フランス1名の35歳の母親が息子を印刷させるを着て「私は1粒の爆弾」とは、9月11日」と書かれたシャツに託児所近日出廷裁判が行われ、犯罪容疑は「崇拝」。< \/ p >< p」報道によると、昨年9月、保育園の先生を名3歳の児童のシャツの後、地元の警察に通報したこの名35歳の母がブッシュ哈& # 8226巴格奥(Bouchra Bagour);。彼女の兄弟でシャツも一緒に抗議を提供し、2人に罪を否定して。< \/ p >< p >巴格奥によると、彼女の息子は確かに9月11日に生まれて、彼女の息子がこのTシャツを着てもはテロリスト弁護、もっと持DQ10 rmt://rmt-bests.com/">ドラクエ10 RMTってない恐怖心をあおる行為の考えはこの日、抜きんでた息子の誕生日だ。< \/ p >< p >検察ほか、巴格奥、裁判では自分の行動に少し後悔。検察官が求め格奥と巴兄弟それぞれ懲役千と千ユーロ罰金。現地の裁判所は来月判決。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:母親が息子を着911罪状とシャツの罪に問われた崇拝犯罪)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone004/index1_0.rdf