北京昨年受理消費者の苦情5.3万件を経2950万損

May 15 [Wed], 2013, 20:20
標題:原北京昨年受理消費者の苦情5ドラクエ10 RMT.3万件を経損2950万新網北京3月8ニュース(記者杜燕)生活水準の向上により、消費者の苦情の範囲は拡大を続け、北京にはトラブル解決メカニズムを確立した多消費。昨年の年間、北京工商部門、消費者協会共受理消費者申(投)訴え5.34万件で、消費者の経済的損失を輓回2950万元近く。北京の商工部門8日リリース「北京市消費者権益保護状況報告」と指摘、現在北京にはトラブル解決メカニズムを確立した消費多元を含め、小口消費紛争解決メカニズム、急速に消費トラブル人民調停制度、グリーンチャンネル、パイロット消費トラブル訴え調ドッキング制度及び行政サービスを最適化する。北京の商工業部門の責任者は、2012年度、工商部門、消費者協会受理消費者申(投)訴え5.34万件、成功率は94.3%結審する調停して、消费者の経済損失2950万元近くを輓回する。彼によると、今の消費者からの苦情が現れる季節性の特徴。元旦、春節、メーデー、11などの休日は、消費者の多くを反映する航空券の予約、ホテルなどの観光商品の問題、元宵節、端午の節句時期多く申(投)訴えを食品の品質問題と計量。また、彼は、ネットショッピングなど新型消費形式その開放性とクロス地域性による地方消费者申(投)訴えの成長。2012年度、共に受理通販苦情28000件で、このうちは地方消费者の申(投)訴えは総量の3割強。彼によると、消費者から反映問題を見れば、注目の範囲が広がり、焦点は、価格かどうか公道、計量が正しいかどうかなど、徐々に広まって商品標識が一緻し、サービスと宣伝かどうかかどうか優良、約束を履行し便利か場所で、消費者の人格の尊厳が尊重されるかどうかなどの問題。担当者を強調し、今後一層広げて苦情を&ldquoルートを構築しました。12315;ホットラインをはじめ多くのルートの総合情報を収集するためのサービスプラットフォームとして、1歩1歩形成多元の参加、部門の調整DQ10 rmt、法治保障の消費者権益保護構造。(完)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aionone0011/index1_0.rdf