山村だけど秋元

September 07 [Wed], 2016, 7:02
デリケートな肌の人は、W洗顔不要の化粧落としなどで洗うと、肌に余計なオイルが残らずに済みますし、スキッとします。どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるま湯を軽くかける程度にしておきましょう。敏感肌は、肌の状況が変化しやすいので、その変化に臨機応変に応対していくことが大切なことです。
皮脂分泌が多い肌の場合、水分が満足に行き届いている肌質に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、というケースが多いです。肌の乾燥が表面化していないのは、テカテカな肌は皮脂の分泌が活発に実行されていますので、外側のカサツキには至らない傾向にあるためです。でも、この皮脂がお肌をトラブル状態に導く元になりますから、洗顔をすることで、適度に減らすことが必要です。
頻繁に顔を洗って肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、足りない脂分をカバーしようと多く出すようになるのです。洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、洗顔はほど良い回数に留めるようにしてください。洗顔の後は化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずに行っていくことが大切です。
敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。一度乾燥肌になれば、少しだけの刺激を受けても過敏な反応を起こし、肌が炎症を起こしたりといった肌トラブルが発生してしまいます。この原因には、肌の表面の角質層が薄くなって、外部刺激に対して肌の防御力が弱まっているのが原因なのです。
敏感肌対策のスキンケアを行う場合には、肌が乾かないようにするため、しっかりと水分を保つ事が重要です。実際、保湿するためには様々なやり方があります。保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、化粧品にも保湿効果の高いものがあります。保湿能力の大きいセラミドが使われているスキンケア商品を使うのも良いでしょう。
たとえ敏感肌だからといって、敏感肌用のケア商品を用いればいいというものでもありません。お肌の状態は人それぞれで違ってきますので、敏感肌の状態になっている時には、ぜひ使う前にパッチテストを実行してください。また、肌の水分を失わないためにも洗顔を正しいやり方で行うことが大切なのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる