馬場俊英さんスプリングキャンプin福岡ROOMS。

February 09 [Sun], 2014, 16:01
昨日2月8日は、福岡のlivehouse ROOMSにて馬場俊英さんのスプリングキャンプでした。



一言で纏めると・・・
本当に楽しいキャンプでした(^-^)v

*昭和の名曲のcover
*馬場さん弾き語り
*馬場カルトQ(○×クイズ)
*馬場さんとジャンケン大会
*ツーショット記念写真


cover曲は、
渡辺真知子さんの「唇よ、熱く君を語れ」、中島みゆきさんの「悪女」、郷ひろみさんの「」、財津和夫さんの「サボテンの花」、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」、「銀河鉄道999」、西城秀樹さんの「ヤングマン」。渡辺真知子さん中島みゆきさんの曲だけは初めて聴いたのだけれど、馬場さんのcoverコーナー本当に素敵でした。またいろんなcover曲聴きたいな、と想いました。


開演してしばらく経った頃、馬場さんが話されてる時だったかな。1列目のお客さんがお1人遅れて席に着かれた時、馬場さんそのヘッズさんをみて一言、"大丈夫ですよ〜。今始まりましたからね。"と・・・馬場さんのこんな気にかけてくださる温かさ、いいなぁ・・と想い心ポカポカ温まりました。

馬場さんと塚越さんのMCで、遠方から来た方もいらっしゃると想いますが…の話に会場から、

"桐生から来ました〜。"との声が…(関東なんですよね桐生って…)福岡もちらちらと粉雪が降っていましたが、関東は大雪だったんですよね…そんな中福岡まで…すごいです(>_<)馬場さんも一瞬、訛っておられましたね(^^;)

何より私が今日のキャンプで心に残ったのは、やっぱり馬場さんの作られた歌でした。

馬場さんが26歳の時作られた、「心のサンシャイン」、そしてBHCファンクラブが出来てからごく最近作られた曲「ラストフライト」。

心に響きました、凄く・・・・

心にある太陽。皆、私にもあるんだろうけど、その太陽に雲がかかってしまう・・・その頃の馬場さんと同じ様な年齢だからでしょうか・・・心に響いて涙が出てきます。
本当にそうなんです・・・
素直になる度に人を傷つけてしまう・・・
ただ素直になって人と笑いあいたいだけ・・・でもそれが仕事となると出来なくなる・・・だから苦しくなる・・・

持ってないものを数えて指を折ってなんになる・・・
太陽がみえない時こそ、つよく描き続けて・・・

曇りそうな毎日・・・
曇りそうな心のサンシャイン。

若い、ってことですね・・・

馬場さんを見ていると、母親や馬場ヘッズの方達をみていて最近想います。歳とるのも素敵なことなんだな、って。

私は未だ未だ・・・

まずは・・・大人の10代を迎えなくちゃ、ですね。

あっ、
話逸れちゃいましたね(>_<)

ラストフライトも、聴けて嬉しかったです。若い私にも響きました。届きました・・・*゚

馬場さんありがとう。

母親(チョコクッキー)は、大阪のキャンプに行きます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきの鈴・゚
  • アイコン画像 趣味:
    ・歌うこと、曲作り。
    ・犬、猫と喋る(苦笑)
読者になる
好きな歌は、本当に星の数程あります(数えきれないってこと…)
歌うことで心癒され、いろんな歌を聴いては励まされ勇気を頂いてる・・・私にとって音楽は、小さな頃からどんな時も側にいてくれた、大切なもの・・・。
私の中から生まれる音楽は小さなものだけれど、誰かを想う気持ちを歌える、小さなアーティストに私もなりたい・・・--。
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ainosuzu/index1_0.rdf