ハチに刺されたらどう対処してる

September 17 [Tue], 2013, 15:34
投稿していきたいと思います。ご意見は継続して受付中です。

ご意見ご感想お待ちしています。真夜中の報告会

「お疲れではございましょうが、報告を始めます。よろしいですか、若?」
腕時計 ブランド メンズ
「ああ、勿論。頼むよ」

 宴はまだ一部の酒豪どもが継続している。大方は潰れたり満足したりで、もう残っているのは朝までオール組だけだ。

 僕らも宴会の楽しい雰囲気は十分に味わって、今は僕の自室に戻ってきている。

 部屋に戻るとそれなりの料理と酒、それに水などが置いてあり夜食代わりにつまめそうな感じになっていた。

 そんな僕の部屋で、肝心の報告が始まった。

「それでは。まず一つ重要、かもしれぬ事が一つ。若に調査を頼まれた戦闘地域についてですが」

「ああ、どうなっていた? 重要かもしれないってのは?」

 ソフィアとランサーの軌跡や女神の力を封じる指輪など。色々手がかりがありそうな場所だ。どんな事がわかったんだ?

「調査中に勇者に遭遇しました」

「ゆ、勇者!?」

 勇者って女神が拉致した、僕以外の地球人!?

「ええ。儂が会ったのはグリトニア帝国の勇者で、岩橋智樹と申す者でした。見た所では若と同じ年くらいだったかと」

「グリトニア? あれ、巴はリミアに行ったはずじゃなかったか」

 隣接しているとは言っても大国同士だ。巴が向かったのはリミアの王都にも近い場所だし、グリトニアの人がいたんだとすると何か行事でもあったのかな。

「何やら良からぬ事を企んでいたのでしょうな。それに、何と言うか、屑でしたな。まあ学園都市におられる若に危害は無いと、捨て置きましたが」

 ……僕は今勇者の報告を聞いているんだよな? パネライ 価格

「どうもグリトニアの勇者は欲に忠実な者のようです。魔族の後は人同士で戦争でもやる心算かもしれませぬ。それに同行していた皇女――」

「待て。皇女? グリトニアの勇者と皇女が一緒に行動していたわけ?」

「はい。あの感じだとかなり親しい関係かと。そこだけは、若にも見習って頂きたい点でしたな。」

 皇女様に手を出したって事? 大国の皇女様に? 随分とフリーダムな奴なんだな岩橋って奴は。

 それも僕と同じくらいの年だって言うのに。異世界にいる勇者の一人が年が近そうだとわかって嬉しいようなそうでないような、複雑な気分になる。

「それで?」

 見習う云々は聞こえなかった事にして先を促す。

「……皇女の表層の思考に浮き出たのですが、銃、と言う単語がありました。火薬のイメージもありましたので銃を作ろうとしている可能性があります」

「銃を!? ここじゃあ魔法に完全に劣るって明白なのに、一体何の目的で?」

 魔力による防御で容易く防げてしまう銃をこの世界に広めるメリットは、むしろ大国ほど無いように思えるんだけど。

 それを、わざわざヒューマンでもかなり力がある大国グリトニアが? 何がしたいんだ、戦火を無駄に広げるだけだぞ?

 駄目だ。グリトニアが銃を作ろうとする理由がわからない。魔族との戦争に、銃は完全に無力と言っても良い。扱い方にもよるのかもしれないけど、ただでさえレベルを上げて攻撃、みたいな単純思考のヒューマンの軍が、戦術で数世代は先をいっていそうな魔族に有効に使えるとは思えない。

 ただ、まずいのはわかる。いかに馬鹿だったと仮定しても軍事大国の皇女が開発している以上、何らかの目的があるのだろうし、銃の開発目的が平和的では無い事は間違いない。

 ヒューマン同士の争いに使われる可能性もある。もし小型の銃なんて作られたりしたら、暗殺目的の暗器として
http://www.watchsrural.com
  • URL:http://yaplog.jp/aini2211/archive/23
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf