始めまして

August 05 [Sun], 2012, 14:38
自民党元衆院議員で、「国会の暴れん坊」や「ハマコー」の異名をとった浜田幸一(はまだ・こういち)氏が亡くなったことが5日、分かった。

アーセナル所属の日本代表FW宮市亮にウィガン移籍の可能性が浮上しているようだ。英紙『ミラー』によると、ウィガンが宮市のレンタル移籍を求めているとし、チェルシー移籍が噂されているFWビクター・モーゼスの代役として獲得したい意向だとしている。すでに交渉を進めているとも伝えている。

 宮市には今季もレンタル移籍の噂は絶えない。これまでも昨季もレンタル移籍したボルトンやオランダの強豪アヤックスへのレンタルの噂が囁かれている。成長のためには出場機会を求め今季も武者修行に出るべきか。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は先日、宮市ら若手への期待を口にしたが、今季も苦渋の決断を強いられそうだ。

小池は、柔道男子66キロ級で銅メダルを獲得した海老沼匡、水泳男子400m個人メドレーの銅メダリスト・萩野公介と同じ栃木県・小山市出身。「地元の人で、年下の人も出場していると知ってビックリしたし、活躍に感動した」と刺激を受けたようで「この作品で“金メダル”をとります」と奮起。作品の出来にも「点数は123点。金、銀、銅です」とアピールしていた。

日本がんばれ!
俺も婚活がんばる!
プチ活で彼女作るぞ-
特に3つの特徴が良いよね。

08年北京五輪終了後、国際柔道連盟は、大会ごとのポイント付与による世界ランキング制度をスタートさせた。当初は4年間のポイントを100、75、50、25の各%にし、累積するはずだったが、途中で過去2年分を100、50%として生かすルールに変更した。

 当初のルールを考え、継続的な強化を目指した日本は09年から強化対象選手を絞り、多くの海外遠征を敢行した。対象選手は試合が続くことで、新たな試みや継続的な練習を行う時間を失い、コンディション調整に苦慮したベテランは疲弊した。若手は国際経験を得るチャンスを失い、いつまでも「経験不足」のまま。日本はルール変更後も当初の強化方針を継続してしまったことが、結果に与えた影響は大きかったのではないだろうか。

 今後は16年五輪を見据え、最初の2年と最後の2年に分け、強化を図る必要があると考える。まずは才能発掘と経験を積む2年を全体の底上げにつなげなければならない。海外遠征はあくまで「強化」と割り切る必要もあるだろう。今大会でトップランカーの優勝は、男女合わせて2階級のみだった。

 また、現在はナショナル、シニア、ジュニアに分かれ、それぞれ担当コーチ制となっているため、各カテゴリーの指導者の数が減っている。技術的な指導だけでなく、選手の性格などの把握の意味でも、カテゴリー分けを再編成し、指導者を増やすことも必要だろう。より細かいコミュニケーションが、本番で選手に力を発揮させる一助になると思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いくた
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aiku4545/index1_0.rdf