レイエスの具志堅

April 26 [Tue], 2016, 11:52
35歳転職限界説はよく聞かれますよね。


これは35歳を超えると転職することができなくなるというものです。

まだこのような噂がありますが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は今日においては、もはや過去の話となっています。


今ではどの会社も生き残るために必死なので、年齢で選抜している場合ではないのでしょう。



違う業種に転職するのは難しいという印象がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?結論を言いますと異業種に転職するのは簡単ではありません。経験者と未経験者がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。ただ、絶対に採用されることがないというわけではないので、本人の努力次第では職を得ることもあるでしょう。

好印象の転職理由というのは、最初に、実際に転職を考えた理由を思い出してください。

そのままの 形で伝える訳ではないので、素直に文字にしてみましょう。そして、それをできるだけ良い印象になるように言い回しをかえてみてください。長い転職理由は言い訳をしてくるように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。中小企業は色々な経営上の課題を持っているので、中小企業診断士の資格を得ていれば、転職を行う場合にも役に立つことは間違いないでしょう。中小企業診断士と呼ばれるのは、中小企業が抱えている問題を診断して、解決したり、経営に関する助言を行う専門家ですので、経営コンサルタントに似た役割だと理解して間違いありません。



ボーナスを受け取って退職をして、やりくりしながら次の仕事を探せばいいのではと簡単に考えている方は、それ以降、就職難に陥りやすくなるのでお気をつけください。どれだけボーナスを貰って会社を退職したとしても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。

転職する時には計画を立てることが重要ですので、じっくりと検討をしましょう。支障がないだけでなく、マイナスとなる印象を与えないというのが、転職の理由を検討する上で最も大切なところとなります。

人間関係や待遇への不満が要因となって会社を辞める人もたくさんいますが、人との関係の修復が不可能で退職したと人事側は受け取ってしまうため、どうしてもあなたの第一印象がマイナスになります。仕事を変えるのにある資格が有利だと言われることも多々あるので、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。

異業種に就くことを目指すのであればなおのこと、経験したことがありませんから、あなたにはハンデがあるので、志望業種に必要とされる資格があるのであれば取得し備えておけばたぶんいいと言えます。

言うまでもなく、資格がありさえすれば採用されるとは考えられません。



スマホユーザーだったら、転職アプリはすごく使えます。



通信料以外はタダです。求人情報を検索したり、気に入ったところに応募するまで、いつでも簡単に行えます。



求人情報誌をあれこれ見たり、ハローワークに行くのが面倒だと思うくらい手軽だし、便利なんです!でも、使用する転職アプリによっては、利用できる機能や使い勝手などが異なりますからレビューなど活用してそれぞれの違いを確認するのがお勧めです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aiktuyabwei9t6/index1_0.rdf