はじめまして 

April 13 [Mon], 2009, 16:29
うさころは、いわゆる多分世間で言う「不思議ちゃん」の人です
ヨーロッパ育ちなのに,小さいころから両親とはなれておじいちゃんと暮らしてました。
体小さいときからよわかったので、教会や図書館が遊び場でした
病院で勉強を学び、お友達と遊ん経験はありません
自然が多いところだったので、いつも一人で、小さいころからギリシャ神話や哲学やイッソップやアンデルセン・・・
本がおともだちでした小さいころにみたボッテチェリの「アフロディーテ」の誕生をみて、「絵」を描くことが大好きでしたが、そこそこ
おじいちゃんが厳しかったのいわゆる「がり勉」さんでした。
おとなになって、イタリアで美術を学び、古典で日本のうつくしさをしり、「帰国子女枠」で大学に編入しましたが2年でまたヨーロッパに帰ったり、「ジプシー」のように転々と日本の各地にすんでました
もともと人見知りなのでかえって、人と接することがあまりなくて、それで、いわゆる「世間知らずの不思議ちゃん」とよくいわれるようになりrました。
「ベーチェット」と最近診断されました
もともと、疲れると、熱が出たり、足が痛くて歩けなくなったりしてたので、
今は、「自閉症」の子たちが集う教室で週に何回か「絵を描く色彩のたのしさ」を教えてたり
手芸をしたり、わんこと猫の家族で3人でひっそりとくらしています
もともと楽天家なのか、自分の境遇をそれほど不憫に思わなくて
手芸やうさころの世界を理解してくれるたった一人の彼に理解されてれば良いやって最近は思ってます。
社会に出るとゆっくりなので、自分なりのペースで毎日をすごしています。
うさころはこどもぽいので、彼と手をつなぐだけで幸せな気持ちになります。
彼は忙しいので、たまにしか会えないけれどメールでいつも応援してくれています
それだけで「うさころの太陽」なんです
キスとか大人の関係とかなくても
てをつないだり、写真をみるだけで「しあわせ』なんです。
うさころは、子供ができないけれど、子供が大好きで、それで、「赤ちゃんのぬいぐるみ」や絵本をたまにつくっています。
くまさんやいろいろ彼のお部屋には多分「うさころコレクション」でいっぱいです。
(お部屋見たことないけど)だれかが、うさころの世界で「ほっこり」してくれたらそれだけで、「おなかいっぱい」な気持ちになります。
彼にあったころ、うさころはいつも彼に甘えすぎてました
「わがまま」連発でした。男の人の世界をわからなすぎて「いらいらしてるうさころは、苦手」っていわれちゃった・・。反省して、
最近、「一人の時間」をなんとか満喫しています
「たぶん人は誰でも平等に幸せになる権利があってそれは、うさころにもあるんだよ」
って前に彼が書いてくれたメールを励みに制作活動をしています。
いつか、彼が「元気になるように」。それにはうさころが元気になることだと
メンタルの先生にアドバイスをうけました。
だれかをおもって、幸せな気持ちになれること、うさころの作品でだれかがいつか喜んでくれる
そんな手芸家になりたいです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aikoro0315
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる